まとめ記事

【コミュ障の治し方まとめ】簡単に使える会話スキルでコミュ障脱出!

コミュ障の治し方

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

 

現在は話し方教室を運営している僕ですが、9年前までは会話を二往復続けることすら困難な超コミュ障でした。

まともに会話ができないものだから友達も0人だったし、

当然のごとく「彼女いない歴=年齢」だったし、

新卒で入った会社には全く馴染めず、8ヶ月で退職してしばらくニート生活をしていたこともあります。

 

そんな元コミュ障&今も超内向的なコミュニケーション講師である僕が、内気なコミュ障さんに向けて「コミュ障の治し方」を順序立てて解説していきます!

他の記事へのリンクが多めなので全て読破するのはなかなか大変かと思いますが、コミュ障を治す初期段階で必要なノウハウはほぼ全て網羅されています。

がんばってついてきていただけると嬉しいです(^^)/

 

コミュ障さんに決定的に足りないもの

コミュ障に足りないもの

早速ですが、「コミュ障さん」と「会話上手な人」の決定的な違いってなんでしょう?

面白おかしく話せる話力? 多彩な趣味と膨大な知識?

もちろんあった方がいいことは事実ですが、そんなレアなスキル持っていない人がほとんどですよね(僕にもありません(^^;)。

 

もっと根本的に大事なこと、それは「あなた自身をさらけ出すこと」。

コミュ障さんの会話が面白くないのも、コミュ障さんが人に好かれにくいのも、一言でいえば「さらけ出し」が絶対的に少ないせいで「よくわからない人」と思われてしまうからです。

人は「よくわからない人」を警戒する心理を生まれながらに持っているので、

  • どんな人かよくわからない
  • 何考えているのかよくわからない

などと思われることで、人といい関係を築くことが難しくなってしまいます。

 

コミュ障さんが心がけるべきことは一つ、

「自分をオープンにして『よくわからない人』というイメージから抜け出すこと」です!

よくわからない人から抜け出そう
【会話の大原則】人は「よくわからない人」を警戒する人は「よくわからない人」を警戒する生き物です。会話が苦手なコミュ障さんがなかなか好かれないのは、まさに「よくわからない人」と思われてしまうから。話す時・聴く時どちらの場合でも自分をオープンにしていきましょう!それがコミュ障改善の最重要課題です!...

 

内気なコミュ障さんのゴールは「聴き上手」一択

コミュ障のゴールは聞き上手

「自分をオープンにしよう」と言われると、「話し上手にならなきゃいけないのかな…」と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でも内向的な僕たちの目指すべきゴールは、まず間違いなく「聴き上手になること」です!

「え、なんか言ってることバラバラじゃない?」

いえいえ、そうではありません。

 

まず、話を聴く上で大切なことも「自分をオープンにすること」です。

黙ってお行儀よく聴く人は、実は聞き上手とは言えません。

  • あいづちを打って「あなたの話、私はちゃんと聞いてるよ」と伝える
  • 共感の言葉を送って「あなたの気持ち、私は理解してるよ」と伝える
  • 質問して「あなたの話、私はもっと聴きたい!」と伝える

それが聴き上手です。

本当の聴き上手は、聴きながらも色々と言葉を発してるものなんですね。

「話す」と「聴く」は対極の関係ではありません。

 

そして実は、話すこともまた、聴き上手に近づく一つの手段なのです。

なぜなら先ほど伝えたように、人はよくわからない人を警戒する心理を持っているから。

あなた自身のプライベートや人となりをオープンにするからこそ、相手も安心して自分の話を打ち明けてくれるようになります。

 

「話す」と「聴く」の理想の割合は3:7です。

聴く割合のほうが圧倒的に多いので、コミュニケーション本は必ず「聴き上手になろう」と推してきます。

でもこれは逆に言えば、「あなたも3割は話してね」という意味でもあるんですよね。

普段1割くらいしか話せていないコミュ障さんは、もっと話す努力をしましょう!

「話す」と「聴く」の割合
【「話す」と「聴く」の割合】ベストバランスは何:何?会話における役割は「話す側」と「聴く(聞く)側」に分かれます。それぞれの割合、ベストバランスは3:7です。 聴く(聞く)の割合を多くすべき理由と、話し下手が陥りがちな落とし穴について元コミュ障のコミュニケーション講師が解説します。...

 

ここまでの説明で理解していただけたかと思いますが、コミュ障を治すにはど〜しても「話す」「聴く」両方のスキルがある程度は必要になります。

ここからは最初の一歩に最適な、簡単に使えるノウハウをジャンルごとに解説していきます!

 

コミュ障を治す「話し方」の3ステップ

話す力

話し方のコツは、何といってもあなた自身の話をすること。

あなたの「人がら」をオープンにしていきましょう。

「人がら」とは、性格はもちろん、プライベートな情報、好き嫌い、価値観、感情、あなたならではの体験談などを指します。

今まで自分の話をしてこなかったコミュ障さんにはなかなか難しいかと思いますが、自分のことを全く話さないでいると

  • 「よくわからない人」と警戒され距離を置かれる
  • どんな人間かわからないので興味を持たれづらい

などのデメリットが生じてしまいます。

少しずつチャレンジしていきましょう!

 

ステップ① 「今の話題+自分の話」をする

「そう言えばこの前、こんなことがあってね」みたく自分からネタを切り出すのはハードルが高いと思うので、最初は必要はありません。

  • 相手が振ってきた話題に関する私の話をする
  • その場にあるもの・見えるものに関する私の話をする

まずはここから始めましょう。

「自己開示が苦手」を克服!
自己開示する3つのメリット!内気でも無理なくできる自己開示自己開示が苦手なコミュ障さんは、人と親しい関係を築くことができません。その理由と自己開示することで得られる3つのメリットを紹介。さらに、内気な人でも無理なく自己開示する方法も伝授します!現役コミュニケーション講師がわかりやすく解説します。...

 

ステップ② 数字を入れて具体的に話す

コミュ障さんのお話には「抽象的でぼんやりしている」という特徴があります。

だから相手はあなたの話を聴いても頭の中でイメージできません。

イメージができないから興味を持てず、退屈に感じてしまうのです。

 

自分の話をするときには、「具体的に話そう」と意識してみましょう。

特別なトークスキルはなくても、これだけで話の印象はグッとよくなります!

 

一番簡単な具体化の方法が、「数字を入れて話す」です。

「洋服が好き」より「洋服が好きで毎月5万円くらい買っている」と表現したほうが興味を持たれやすくなります。

興味を持たれる話し方
話しても興味を持ってもらえない時は「数字」を加えよう!頑張って話したのに、相手が興味を持ってくれなかった…そんな経験あるコミュ障さんは多いと思います。せっかく勇気を出して話したのに興味なさそうな態度取られちゃったら悲しいですよね。今すぐ簡単にできる興味を持たれる話し方のコツは、「数字」です!...

 

ステップ③ 弱点や失敗談を話す

人と深い関係を築きたければ、必ず身につけたいのが「弱みを話すこと」です。

自分の弱い部分を見せることに抵抗を感じるコミュ障さんは多いと思いますが、「弱み=人と親しくなる最強の力」です!

弱みを見せることで、

  • 笑い話として場を和ませることができる
  • 「裏表のない素直な人」という印象を与えられる
  • 「あなたを信頼しています」という気持ちを伝えられる
  • 相手も安心して自分の弱みを見せられる環境ができる

などの効果が得られます。

弱みを見せられる人は好かれる
弱点や失敗談は人に好かれる最強の力!「弱み見せ上手」になろう弱み(弱点や失敗談)を見せると、相手との距離が縮まります。とはいえ弱みを話すのって抵抗ある人も多いはず。弱みを見せる本当の目的と、バカにされない話すコツを学んで「好かれる弱み見せ上手」を目指しましょう!...

 

コミュ障を治す「聴き方」の3ステップ

聴く力

人が自分の話をするのは、「誰かに認められたい」「私のことを理解してもらいたい」という欲求(=承認欲求)があるからです。

この欲求を満たせるかどうかは、あなたの聴き方次第です。

コミュ障さんの聴き方は、とにかく反応が小さすぎ&少なすぎ。

だから相手に「ちゃんと聴いてるの?」と不満を感じさせてしまったり、「リアクションが薄くて話し甲斐がない」と思われて会話がすぐに終わってしまいます。

あなたの聴き方が変われば、100%今より多くの人から好かれます!

 

ステップ① リアクションをはっきり返す

まずは「相手の話にしっかりリアクションしよう」とだけ心がけてみてください。

コツは

  • 話を聴きながらしっかり頷く
  • 話の展開に合わせてあいづちを使い分ける
  • 話のキーワードをオウム返しする

この3点です。

いずれも意識すれば簡単にできることだし、しばらく意識して使っていけばすぐに習慣づいて自然とできるようになっていきます。

この3つがマスターできれば「話しやすい人」に変わることができます。

うなずきの効果
心理学で実証された「うなずく」効果と上達のコツ相手の話にうなずくことは肯定的なメッセージを意味し好印象を与えます。これは心理学の実験でも証明されている効果です。コミュ障でも簡単に使える「うなずき」は聴き上手(聞き上手)への第一歩にも最適なスキルです。コミュニケーション講師が上達のコツも合わせて紹介します。...
あいづちの打ち方
相槌は「3種類の使い分け」がコツ!話し手を満足させる打ち方相槌(あいづち)の打ち方のコツは「3つの種類を使い分けること」。 バリエーション豊かな相槌を上手に使い分けて、話し手を満足させる聴き方を身につけましょう!元コミュ障のコミュニケーション講師がポイントを解説します。...
オウム返しのコツ
オウム返しは聴き上手の必須スキル!3つのコツで使い方をマスター聴き方のスキル、オウム返し(バックトラッキング)が上達すれば、楽に会話が続くようになります。オウム返し(バックトラッキング)を使いこなす3つのコツをコミュニケーション講師が解説。使い方をマスターして聴き上手に近づきましょう!...

 

ステップ② 共通点に食いつく

相手の話を聴いていると、

「私もそれ好き!」「その考え方わかる!」

などと同意できる話が出てくることもあるかと思います。

 

でもそんなとき、内向的なコミュ障さんは遠慮して何も言わずにスルーしがち。

ぜひ今日からは、共通点にしっかり食いついてみましょう!

「似た者同士」をアピールすれば、相手はもっと心を開いて色々話してくれるようになります。

共通点の探し方・見つけ方
【類似性の法則】共通点は恋愛・友達作りに効果大!探し方のコツ人間関係には「類似性の法則」があり、共通点を持つ人を好きになります。「恋愛や友達作りのために探してみたけど見つからない」という方に、話し方講師が「共通点が見つからない原因」&「探し方・見つけ方のコツ」を解説。100%共通点ができる秘策も伝授! ...

 

ステップ③ 相手の気持ちに共感する

  • 好きなものが同じ
  • 考え方が似ている

そんなときなら「わかる〜!」と食いつくことができますが、なかなか相手の話に同意できない時もありますよね。

そんな時、どんな反応を送っていいかわからずに黙ってしまうコミュ障さんは多いもの。

でも、同意できない話でも「共感」はできます。

なぜなら共感とは、「それは悲しかったですよね〜」と言ったように「相手の気持ちに理解を示すこと」だから。

 

慣れるまでは難しいと思いますが、共感力は聴き上手の最大の武器です!

誰かにとって特別な存在になりたい人(とくに彼女が欲しい男性のみなさん)は共感力を重点的に磨きましょう!

共感上手になる方法
「共感」と「同感」は違う!? 共感上手になるコツよく「聴き上手になるには共感が大事」と言われますが、共感するってどういうことでしょう? 「わかる〜!」と言うことだけが共感ではありません。「共感」と「同感」の違いはもちろん、共感力アップのコツもコミュニケーション講師が解説します! ...

 

コミュ障を治す「質問」の3ステップ

質問力

質問は「聴き方の一スキル」です。

ただ待っていても相手が自分の話をしてくれないときは質問の出番です。

質問を使って相手を喋らせてみましょう。

コミュ障さんが手っ取り早く会話を続けられるようになりたいなら、これほど便利なコミュニケーションスキルはありません!

 

ステップ① 気になったことは遠慮せず質問する

まずはとにかく質問することが大切です。

コミュ障さんの場合、「こんなこと聞いたら失礼かな…」などと考え込んでなかなか質問できない傾向にあります。

でも、質問しないほうがよっぽど失礼なのです。

なぜなら「あなたの話に興味ありません」と言っていることと同じだから。

考え方を改めることから始めましょう。

質問力はコミュ障の強力な武器
会話が続かないコミュ障さんは質問力を磨くべし!その理由を解説会話が続かないコミュ障さんは質問力を磨きましょう。質問は会話を続ける万能コミュニケーションスキル。「あなたの話もっと聴かせて」というメッセージをダイレクトに伝え、相手を冗舌にします。コミュニケーション講師が質問の効果をわかりやすく解説します!...

 

ステップ② 質問したからには答えにくつく

「質問しても会話が盛り上がらない…」そんな人に抜けているものがあります。

思い出してください。

質問は「聴き方の一スキル」です。

質問しっぱなしでは相手は「せっかく質問に答えてあげたのに反応悪っ!」と不満が溜まってしまいます。

 

「答えに食いつく」が質問した側のマナー。

質問するときは必ず聴き方で学んだ「あいづち」や「共感」とセットで使っていきましょう。

質問で会話を盛り上げるポイント
質問しても会話が途切れるときに見直したい3つのポイント質問を使っても会話が途切れてしまう…。そんな時に見直すべきポイントをコミュニケーション講師が解説!「質問以外の聴くスキルと合わせて使う」「答えに食いつく」「話題をころころ変えない」。この3つのポイントを心がければ、質問でもっと会話が続きます!...

 

ステップ③ 相手の「人がら」に焦点を当てた質問

「どこ行ってきたの?」「誰と行ってきたの?」など、5W1Hを尋ねる質問を使っている人は多いと思います。

これでは表面的な会話しかできません。

なぜなら「情報」にしか注目していないから。

 

話し方のコツは「人がらをさらけ出すこと」でしたね。

質問ではその逆をしましょう。

つまり、「相手の人がらを引き出す質問」です。

会話を広げる質問のコツ
質問は5W1Hだけじゃダメ!?会話を広げる質問力のヒケツ!会話を広げようと質問するとき「5W1H」を使う方は多いと思いますが、それではなかなか盛り上がりません。なぜなら「情報」にしか注目していないから。相手の「人がら」を尋ねる質問を使えば、オンリーワンな話を引き出せ会話は盛り上がります!質問のコツをコミュニケーション講師が解説!...

 

コミュ障を治す「話題の振り方」の3ステップ

話題を発見する力

会話をするには話題がいります。

逆に話題さえあれば、数分程度の雑談なら何とかなってしまう場合も多いもの。

だから「常に話しかけてもらうのを待つの人」より、「自分から話題を提供できる人」のほうがダンゼン好かれます。

 

コミュ障さんのほとんどは話題探しも苦手だと思います。

半分とまでは言いませんが、3回に一度くらいはあなたの方から話題を提供できる人を目指しましょう。

 

ステップ① 質問お返し

コミュ障さんに最低限身につけていただきたい話題の振り方が「質問お返し」です。

「相手に振られた質問をそのまま返す」

簡単ですよね?

でも、たったこれだけで会話が「私の話」+「相手の話」という二分構成になるので、自分で話題を考えなくても約2倍長続きする超便利ワザなんです!

「話題が見つからない」を解決する必殺技
話題が思いつかなくても会話が続く必殺技「質問お返し」「話題が思いつかない」「自分から会話を始められない」いつも受け身なコミュ障さんがまず覚えるべきスキルはただ一つ。自分で話題を考えなくても100%会話が続くとっておきの技「質問お返し」をコミュニケーション講師が紹介します!...

 

ステップ② 初対面の相手には「プロフィール質問」

初対面の相手と会話するときは、お互いプロフィール(仕事や趣味など)を質問しあえばOKです。

テンプレート的ですが、あなたは会話に苦手意識があるわけですから、特別なことをする必要はありません。

セオリー通りに行きましょう。

初対面の鉄板話題・ネタ
初対面の会話で「ネタが見つからない」「盛り上がらない」を解決!「初対面の人と会話するときの話題って何がいいの?」そう困っているコミュ障さんに向けて、初対面時の最適ネタの見つけ方&広げ方をコミュニケーション講師が解説します。さらに、会話を盛り上げ「その他大勢」から抜け出すとっておきの会話のコツもご紹介!...

 

ステップ③ 知人・友人には「過去のネタを再利用」

「プロフィールを一通り質問し終わったらもう話題がありません!」

そんな壁にぶつかるコミュ障さんは後を絶ちません。

知人・友人と会話するときには、「過去のネタの再利用」が最も簡単です。

  • 前回聴いた話の「その後の状況」を質問してみる
  • 趣味や仕事の「近況」を質問してみる

こんな話題を振ってみましょう。

友人・知人との会話ネタ
友達・知人と会話が続かない⁉︎話題がない時は過去ネタを再利用!「友達などの顔見知りとの会話で話題探しに苦労する…」そんなコミュ障さんは「過去に話した話題」からネタを探しましょう。過去ネタの再利用には「ゼロから探す必要がない」「好感度が上がる」などメリットいっぱい!コミュニケーション講師がわかりやすく解説します。...

 

プラスαでやったほうがいいこと

コミュ障がやるべきこと

コミュニケーションスキルの基礎は一通りお伝えしてきたので、追加でやったほうがいいことを紹介します。

 

印象を磨く

印象は「この人に話しかけるかどうか」の決定を左右する大事な要素です。

自分から話しかけるのが苦手なコミュ障さんは、「話しかけやすい人」になりましょう。

表情を柔らかくしたり、清潔感に気を配ったり、見た目の印象を良くすることで話しかけてもらえるチャンスが増えます。

入ったばかりのコミュニティ内で孤立する危険が少なくなります。

印象アップで「話しやすい人」に変わる
【イメージアップまとめ】「話しかけやすい人」に変わる5つの方法人見知りで話しかけるのが苦手なら「話しかけやすい人」を目指しましょう。自分から話しかけるのが苦手なら、印象を磨いて「話しかけやすそうな人」「感じ良さそうな人」と思われることが先決。好印象な人に変わる5つの方法をコミュニケーション講師が伝授します。...

 

読書習慣を身につける

本(主に小説)を読むことは、コミュ障に効く最高の自主トレです。

  • ボキャブラリーが増える
  • 想像力が鍛えられる

この二つが主な効果です。

いずれも「話す力」「聴く力」をアップさせる大切な要素です。

読書でコミュニケーション力アップ
読書(小説)は最高のコミュニケーション力UPトレーニング読書(とくに小説)がコミュニケーション能力にもたらす効果はたくさんあります。共感力、語彙力、想像力、表現力…、会話に必要なあらゆる能力アップにつながります。読書初心者に向けて、元コミュ障のコミュニケーション講師が効果的な読書法をお伝えします!...

 

内向的な性格を受け入れる

話し方や聴き方などのコミュニケーションスキルは「スキル」なので改善することができます。

でも、

  • 引っ込み思案
  • テンション高く振る舞えない
  • 人が大勢いる場所が苦手

この辺りは持って生まれた気質が大きく影響してくるため、基本的には変わりません(コミュニケーションスキルが上がることで多少改善することはあります)。

そんな自分の気質を受け入れることで、自己肯定感が上がり自然体でいられるようになります。

内向型人間の強み
内向型人間の強みはこれ!長所を知れば内向型に自信が持てる♪内向型人間にはすごい強みがあるって知っていますか?内気な自分が好きになれない人も、強みを知れば今より自信が持てます。内向型であることは、決して短所なんかじゃありません!外向型にはない特別な強みを、内向型コミュニケーション講師が解説します。...
内向型人間の人間関係
内向型人間は偽らなくていい!人間関係がうまくいく内向型戦略内向型人間には職場や学校に居場所がなくて悩んでいる人も多いのでは?内向型のままで人間関係がうまくいくコツは、内向型キャラとして生きること。内向型コミュニケーション講師が「性格そのままで人間関係がうまくいくコツ」を詳しく解説していきます。...

 

コミュ障を治すための心構え

コミュ障克服の心構え

最後に、コミュ障を治す上で大切な心構えをお伝えします。

コミュ障を治すまでの期間は人によりますが、真剣に取り組んでも半年〜二年くらいかかるというのが僕の考えです。

実際、僕は「ようやく人並みくらいになれたかな」と実感するまで一年半かかりました。

途中で挫折しないためにも、心構えを学ぶことも大切です。

 

コミュ障を治したい理由をはっきりさせる

理由のない努力は続きません。

  • コミュ障を克服して、どんな未来を手に入れたいのか
  • コミュ障のままだったら、どんな恐ろしい未来が待っているのか

その両面を映像化できるくらいはっきりとイメージしてみましょう。

それがあなたの心の柱となってくれます。

コミュ障を治したい!
あなたはなぜコミュ障を克服したいのか?挫折しない心を手に入れよう「コミュ障を克服したい!」そんな人に立ちふさがる壁が「行動が続かない」ことです。 挫折しないためには、「なぜ自分はコミュ障を克服したいのか」その動機をハッキリさせましょう。心の軸ができれば簡単には挫折しなくなります。...

 

練習から逃げない

コミュ障を治したいなら、練習から逃げてはいけません!

なぜなら「わかる」と「できる」は全くの別物だから。

 

どれだけノウハウを読み漁っても、たどり着けるのはただのノウハウコレクターです。

周りに練習相手がいないなら、人と会話できる環境に飛び込んでいきましょう。

コミュニケーションの練習場所の探し方
会話力を鍛えるには練習が必須!練習場所・相手はどうやって探す?「会話(コミュニケーション)の練習場所がない!」コミュ障さんの多くがぶつかる壁です。職場の人と会話できれば理想ですが、孤立気味で難しい人も多いはず。会話(コミュニケーション)練習に最適な場所の探し方をコミュニケーション講師が伝授します。...

 

効率的に成長したいなら話し方教室の継続利用がオススメです。

  • 練習相手が自動で見つかる
  • ノウハウを学んだらすぐ練習に入れるから身につきやすい
  • 講師や他の生徒との交流でモチベーションが上がる
  • 費用がかかる分、真剣に取り組める

など、多くの効果が得られます!

 

多少費用はかかりますが、費用をケチって自力でどうにかしようとした結果挫折してしまえば、そのほうがもったいないですからね(^_^;)

 

話し方教室を利用する驚きのメリットは、こちらの記事で詳しく解説しています。

話し方教室の効果
話し方教室はメリットたくさん!教室・講座で得られる効果を解説「話し方教室やコミュニケーション講座って効果あるの?」そんな疑問にコミュニケーション講師が回答。教室・講座でしか得られない3つのメリットを紹介します。本気でコミュ障克服を目指すなら、本やネットだけでなく実際に話し方教室に通うことが一番の近道です!...

 

凹んだときは「やめる」じゃなく「休む」

練習する場に出向けば、まず間違いなく凹むことは出ています。

「あぁ。なんで自分はこんなにもコミュ障なんだ…。」

でも、たまには凹んでいいんです。

「凹む=自分はもっとできると信じている証」だから!

 

多くの人は凹んだら努力をやめてしまいます。

せっかく自分を変えようと走り出したのに、それは勿体なさすぎます!

疲れた時は「やめる」ではなく「休む」という選択肢を選びましょう。

コミュ障が辛すぎる
コミュ障すぎる自分に凹んだときに読む話「コミュ障すぎてつらい…。」 会話が弾まなかったり、気まずい沈黙が続いたりすると、コミュ障な自分に嫌気がさすこともあると思います。でも、落ち込むからこそ、人は成長できるのです!コミュ障すぎる自分に凹んだときに読んでほしいお話です。...

 

絶対にコミュ障とサヨナラしたいあなたへ

コミュ障を治したい

コミュ障の治し方についてまとめてきました。

「最低限、これだけは伝えたい!」という部分を抜粋してきましたが、それでもかなりの分量になってしまいました…(~_~;)スミマセン。

 

「なんだかコミュ障治すのってメンドくさいかも…」と感じてしまった人もいるかもしれませんね…。

でも、数年前までは超コミュ障で今は話し方教室を運営している僕だから断言します。

「コミュ障が治れば、大げさでなく人生が変わる」と。

 

こうしている間にも、僕たちは確実に歳をとっています。

コミュ障克服を先延ばしにした結果、結婚のチャンスや転職のチャンスを失ってしまうかも…。

後になって「もっと早くコミュニケーション力を鍛えていれば…」なんで後悔したくありませんよね。

 

あなたはいつまでコミュ障な自分、好きになれない自分で居続けますか?

たった一人のあなたのために、「なりたい自分」に向けて踏み出してみませんか?

 

【無料メール講座】