聴き方

オウム返しは聴き上手の必須スキル!3つのコツで使い方をマスター

オウム返しのコツ

こんにちは!

元コミュ障の現役コミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

オウム返しが上手くなるコツはありますか?
コミュ障さん
コミュ障さん

 

オウム返しとは、話し手が「昨日は回らないお寿司食べに行ったんですよ〜」なんて話しかけてきたら、「回らないお寿司ですかー!」といったように相手の言葉をくり返すことです。

心理学では「バックトラッキング」と呼んだりします。

 

オウム返しはあいづち(相槌)の一種です。

相手が使った言葉をそのままくり返すので、ふつうのあいづち以上に「興味深く聴いてるよ!」という姿勢を示すことができます。

聴き上手を目指す人にとっては必須のスキルです!

 

「ただ繰り返すだけなんだから簡単じゃん!」と感じるかもしれませんが、オウム返しを使って相手を冗舌にするにはちょっとしたポイントがあります。

そこで今回は、オウム返し(バックトラッキング)を使いこなす3つのコツを解説していきます。

 

オウム返しのコツ① 感情を込める

感情を込めてオウム返し(バックトラッキング)

「オウム返しはあいづちの一種」とお伝えしましたが、あいづちには大きく3つの種類があります。

⚫︎ うながす

「はい」「ええ」「うん」「それから?」「どうして?」など

「ちゃんと聴いてるから続きをどうぞ」というサイン。

⚫︎ 納得する

「なるほど」「そうだね」「たしかに」「わかる~」など

相手の主張を受け入れた、相手の気持ちを理解したサイン。

⚫︎ 驚く

「えー!」「へぇ~!」「ホント~!?」「すごい!」「さすがだね!」など

相手の話が予想外で心を揺さぶられたサイン。

これら3つの種類を話の展開に合わせて使いわけることで、話し手は気分よく話しつづけることができます。

あいづちの打ち方
相槌は「3種類の使い分け」がコツ!話し手を満足させる打ち方相槌(あいづち)の打ち方のコツは「3つの種類を使い分けること」。 バリエーション豊かな相槌を上手に使い分けて、話し手を満足させる聴き方を身につけましょう!元コミュ障のコミュニケーション講師がポイントを解説します。...

 

では、オウム返しはいったいどの種類かというと…

実は、言い方によって3種類すべてに変身することができるのです!

 

例えばこんなふうに。

⚫︎ うながす

昨日、いいことあったんだ♪

いいこと?(いいことってナニ?)

⚫︎ 納得する

明日から旅行なんだ〜♪

旅行ですか〜♪(いいですね〜♪)

⚫︎ 驚く

実は…彼氏できた!

彼氏できたの〜⁉︎(マジで〜⁉︎)

 

だから棒読みっぽく無感情に「彼氏できたんだー。」みたいな言い方はよくありません。

  • どういう意図で言ったのか
  • どんな気持ちを込めて言ったのか

それが相手に伝わるよう、感情を込めて言うようにしましょう。

 

オウム返しのコツ② 繰り返すのはキーワードだけ

キーワードをオウム返し(バックトラッキング)

いろんな教材でオウム返しは紹介されていますが、たまに相手が話した文章をそのまま返している例を見ることがあります。

先週ディズニー行ってきたんですけど、めっちゃ楽しかったです!

先週ディズニー行ってきて、めっちゃ楽しかったんですね〜!

みたいな。

これ、ちょっとクドイですよね?

 

カウンセリングなどでじっくり聴くときにはこういう手法をとることもありますが、普通の雑談でやってしまうとテンポが悪くなります。

人によってはちょっとバカにされているような、おちょくられているような気がする人もいるかと思います。

普段の会話では「楽しかったんですね〜♪」のように、キーワードを選んでオウム返しを使っていきましょう。

 

ちなみにキーワードというのは「相手が一番強調したがっている部分」です。

慣れるまでは迷ってしまうこともあるかもしれませんが、

  • 名詞
  • 数字
  • 気持ち

このあたりがキーワードになっていることが多いので、しっかり見極めていきましょう!

 

オウム返しのコツ③ プラスでひと言つける

一言加えてオウム返し(バックトラッキング)

先週ディズニー行ってきたんですけど、めっちゃ楽しかったです!

楽しかったんですか〜!

そう!平日だったせいか、すごい空いてたんですよ〜。

空いてたんですか〜!

アトラクションもあんまり待たずに乗れたから、ビッグサンダー3回も乗ってきちゃいました!

3回もですか〜!

(この人、私が言ったこと繰り返してるだけじゃん…)

こんな感じでオウム返し“だけ”を連発するのは不自然なので注意です。

(ここまであからさまな人はそうそういませんが(^_^;))

 

自然に会話を続けるには、毎回じゃなくてもいいので「プラスひと言」を心がけましょう

例えばこんな感じに。

⚫︎ あいづちをプラス

先週ディズニー行ってきたんですけど、めっちゃ楽しかったです!

へ〜!楽しかったんですね♪

⚫︎ 共感をプラス

平日だったせいか、すごい空いてたんですよ〜。

空いてたんですか〜。のびのび楽しめたんでしょうね!

⚫︎ 意見・感想をプラス

平日だったせいか、すごい空いてたんですよ〜。

空いてたんだ!いいなぁ〜、僕が行くといっつも混んでるんですよ!

⚫︎ 質問をプラス

ビッグサンダー3回も乗ってきちゃいました!

3回も!?絶叫マシン好きなんですか?

 

どうでしょう?

一気に「自然な会話」って感じになりますよね?


 

  1. 感情を込める
  2. 繰り返すのはキーワードだけ
  3. プラスで一言つける

以上がオウム返し(バックトラッキング)を使いこなすコツです。

 

オウム返しには「そこについてもっと聴かせて!」というメッセージも込められています。

だから相手が話したがっているキーワードをオウム返ししてあげれば、続けて「そうなんだよ、それでね〜」という具合にどんどん喋ってくれるケースも出てくるはず。

コミュ障さんでも比較的カンタンに使える聴き方スキルなので、ぜひ使い方をマスターして今日から実践していきましょう!

【コミュ障克服の第一歩に】