ネタの探し方

話題が思いつかなくても会話が続く必殺技「質問お返し」

「話題が見つからない」を解決する必殺技

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

話題を見つけることができなくて、いつも受け身になってしまいます。

自分から話題を振れるようになるには、何から始めたらいいでしょう?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

「どうしても話題が思いつきません!」

「自分から話題を振った記憶すらありません!」

そんなちょっと重度のコミュ障さんの救世主となるような、とっておきの必殺技を今日は伝授したいと思います!

 

僕自身、じつは話題を見つけるのがあまり得意な方ではないので、今も3割近くはこの技で会話をつないでいると言っても過言ではありません!

 

自力で話題が思いつけないコミュ障さんは、とりあえずこれだけ覚えて使ってみましょう。

そうすれば

  • 会話がまったく続けられない
  • 話題をまったく振ることができない

という事態はある程度防ぐことができます。

 

そんなスゴ技があるのか!?

あるんです!

 

ただし、この技が使えるのは「相手から何か質問してきてくれたとき限定」。

使える場面はちょっと限定されるものの、自分で話題を考えなくても100%会話が続く必殺技。

それは、「質問お返し」です!

 

話題探しが苦手な人の第一歩「質問お返し」

会話が続く「質問お返し」

質問お返しとは、「自分がされた質問をそのまま相手に返す」ことです。

 

例えば相手から「週末、どっか出かけた?」という質問をされたとします。

まずは「横浜に買い物に行ってました〜」といった感じに、普通に自分の話をします。

ちなみにここでのポイントは「人がらをオープンにすること」です!

ただ「横浜に買い物に行ってました〜」だけで終わらずに、「春物の洋服を見に行ったんですけど、迷っちゃってお店10軒くらいハシゴしてきちゃいました!」といったように、あなたの気持ちや体験談を添えることで、親しみにつながります。

「自己開示が苦手」を克服!
自己開示する3つのメリット!内気でも無理なくできる自己開示自己開示が苦手なコミュ障さんは、人と親しい関係を築くことができません。その理由と自己開示することで得られる3つのメリットを紹介。さらに、内気な人でも無理なく自己開示する方法も伝授します!現役コミュニケーション講師がわかりやすく解説します。...

 

そして自分の話が一段落したら、今度は自分がされた質問をそのまま返します。

○○さんはどこか出かけました?」

 

以上です!

簡単ですよね(o^―^o)

 

  1. 相手から質問されたら、それに答える(なるべく一言で終わらせず、人がらをオープンに!)
  2. 自分の話が一段落したら、された質問をそのまま返す

たったこれだけで会話が「私の話」+「相手の話」という二分構成になるので、自分で話題を考えなくても約2倍長続きするのです!

 

会話が長続きするだけじゃない!3つのメリット

3つのメリット

コミュ障さんの心強い味方である「質問お返し」ですが、

  • 話題を探す手間が省ける
  • 会話が長続きする

これ以外にもメリットはたくさんあるんですよ。

 

メリット① 受け身イメージを払拭できる

相手が使った話題を再利用しただけとはいえ、あなたからも話題を振ったことは事実。

だから

「私はあなたと会話する気がありますよ」

「話しかけられるのを待つだけの人じゃないですよ」

というアピールができちゃいます♪

 

ひたすら受け身の人に話しかけるのって、結構シンドいもの。

あなたからも話題を振ることで、相手はさらに会話する気になってくれます。


メリット② 相手も答えやすい

元はといえば相手から質問してきた話題なので、同じ質問をしても相手は高確率でこころよく答えてくれます。

地雷を踏んで不機嫌にさせる危険もないので、「こんな質問しても大丈夫かな…」とつい考え込んでしまう人には非常にオススメです。

 

メリット③ 盛り上がりやすい

自ら話題に出したということは、相手も少なからずその話題に興味を持っているということ。

逆に相手に振っても盛り上がれる可能性は高い話題と言えます。

 

 

このように相手から振ってきた話題というのは、最初から安全保障がついているようなものなのです!

話題を見つけるのが苦手なコミュ障さんにとって、これほど嬉しいことはありませんよね♪

どんどん質問お返し使っていきましょう!

 

相手は最初から「質問お返し待ち」かも?

質問お返し待ち

もっと言ってしまうと、あなたが質問されたその話題、実は“相手こそが話したがっていた話題”なのかもしれません。

 

悩み相談などのちょっと込み入った話しがしたいけど、自分からはちょっと切りだしにくい…

すごく話したいんだけど、ちょっと自慢が入ってるから自分から言うのは気が引ける…

そんなとき人は、あえて質問から入ってくる場合があります。

 

だから例えば、

「最近仕事どう?」とか

「今の仕事、楽しい?」とか

「彼氏(彼女)とは上手くやってる?」とか

ちょっとデリケートな話題が来たときには、忘れずに質問お返しをしてあげてくださいね。

それが今、相手が一番話したい話題である可能性は高いです!

 

あなたがきちんと話題を振り返してあげることで、相手はホッとして話しはじめることができます。

 

訊かれたら訊き返すのが会話のマナー

訊かれたら訊き返すのがマナー

というわけで今回は、自分で話題を考えなくても100%会話が続く必殺技「質問お返し」を紹介しました。

 

なにか質問された時には、自分の話が終わったら同じ質問を相手に返してあげましょう。

  • 「私の話」+「相手の話」の二部構成になり、単純に会話が長続きする
  • 会話することに積極的な姿勢をアピールできる
  • 相手から先に質問してきたことなので、同じ質問をしても地雷を踏む危険がない
  • 相手も興味がある話題なので、盛り上がる可能性が高い
  • むしろ相手は最初から「お返し待ち」の可能性もあるので、返してあげれば喜んでくれるかも

このように、質問返しはいいこと尽くめ!

使わない手はありませんよね?

 

「訊かれたことは、訊き返すのが会話のマナーである」

それくらいの認識でガンガン使ってみてくださいね。

 

【コミュ障克服の第一歩に】