人付き合いのコツ

会話で相手をリードしたい!カギは「話題の提供率」と「質問力」

会話で相手をリードする方法

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

いつも相手に会話をリードしてもらってばかりで申し訳なく思います。

年下相手やデートの時くらいはリードできるようになりたいのですが、どうすればいいでしょう?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

会話で相手をリードする。

コミュ障さんにとってはなかなか憧れるシチュエーションではないでしょうか。

 

相手が年下だったりすると、ずっとリードされっぱなしだと自分が情けなく思えてしまいます。

あなたが男性なら、女性とデートするときくらいはリードして頼れる一面を見せたいと思うでしょう。

 

そこで今回は、

  • 会話で相手をリードするとはどういうことか?
  • 実際にリードするには何をすればいいのか?

を明らかにしていきます。

 

そして実はとっても大事な

  • 相手がリードしやすい人になるコツ

もあわせて解説していきますので、しっかり読みこんで普段の会話に役立ててみてください!

 

「会話でリードする=たくさん話す」ではない

リード≠たくさん喋ること

まず絶対に誤解しないでほしいのは、

「リードする=相手よりも多くしゃべる」ではない!

ということです。

 

なぜなら人は、基本的に「他人の話を聴いている時間」より「自分のことを話しているとき」のほうが楽しいものだから。

 

覚えておいてください。

会話の理想の割合は、「話す3割・聴く7割」です。

あなたが一方的にしゃべり倒すのはNGです。

そんなことをしても相手は「よくしゃべる人だなぁ」と冷ややかな目を向けてくるだけ。

相手が会話を楽しんでいないのに、それでリードしているとは言えないでしょう。

 

「あなたの力で相手が楽しくしゃべれるよう誘導する」

これこそが会話でリードしている状態と言えます。

 

では、どうすれば相手をリードできるのか?

ポイントは「話題の提供率」と「質問力」です。

 

会話でリードできる人は「話題を提供する人」

リード上手は話題を提供する

いつも会話のスタートを任せっきりにすると、相手だって話題を探すのがだんだん苦しくなってしまいます。

顔には出さなくても「あなたからもたまには話題振ってよ!」と内心では思っているかも…。

 

会話で相手をリードしたければ、あなたから話題を提供する割合を増やしていきましょう。

できれば5割越えが理想ですが、まずは最低3割が目標です!

 

「話題を振る」というと

「自分から『この前こんなことがあってさ~』みたいにネタを用意しなきゃいけないんじゃないか?」

なんて考えて絶望してしまい人もいるかもしれませんが、方法は他にもあります。

 

例えば「最近ハマってることある?」みたいに質問して相手をしゃべらせたっていいんです!

 

内向的な僕たちにとっては相手にしゃべってもらうほうが簡単だし、先ほどお話ししたように理想の割合は「話す3割・聴く7割」です。

僕自身もコミュニケーション講師なんてやっていますが、今も決しておしゃべりな性格ではないので質問から入るケースのほうがダンゼン多かったりします。

なので、「たくさんネタを仕込まなきゃいけないのかな…」みたいなプレッシャーは感じなくて大丈夫です。

 

では、どんな質問を使って話題を振ればいいのか?

これは以前の記事で詳しく解説しているので、そちらをお読みください。

 

初対面の相手なら「プロフィールを埋める質問」がオススメ。

初対面の鉄板話題・ネタ
初対面の会話で「ネタが見つからない」「盛り上がらない」を解決!「初対面の人と会話するときの話題って何がいいの?」そう困っているコミュ障さんに向けて、初対面時の最適ネタの見つけ方&広げ方をコミュニケーション講師が解説します。さらに、会話を盛り上げ「その他大勢」から抜け出すとっておきの会話のコツもご紹介!...

 

顔見知り相手なら「近況」や「過去に聴いた話の『その後』」について質問してみましょう。

友人・知人との会話ネタ
友達・知人と会話が続かない⁉︎話題がない時は過去ネタを再利用!「友達などの顔見知りとの会話で話題探しに苦労する…」そんなコミュ障さんは「過去に話した話題」からネタを探しましょう。過去ネタの再利用には「ゼロから探す必要がない」「好感度が上がる」などメリットいっぱい!コミュニケーション講師がわかりやすく解説します。...

 

会話でリードできる人は「いい質問ができる人」

リード上手は質問で喋らせる

会話で相手をリードする条件の二つ目は「質問力を磨くこと」です。

 

ちなみに前の項でも質問について触れましたが、先ほど解説したのは「会話をスタートさせる質問」

今から解説するのは「会話を続ける質問」を指します。

 

質問とは相手をしゃべらせるスキルです。

だから質問力を鍛えれば、相手が楽しく・気持ちよく話せるような質問を繰り出せるようになります。

 

あなたの質問力で、相手が楽しくおしゃべりできるよう会話の流れをコントロールする!

これもまた会話をリードしている状態と言えますね。

 

では、どうすればそんな質問ができるようになるのか?

ポイントは「相手の人間性にフォーカスした質問をすること」です。

コミュ障さんはそもそも質問が少ない傾向にありますが、せっかく質問しても「いつ?」「どこで?」と情報ばかり訊いてしまいます。

「いつ行ったの?」

「どこ行ったの?」

「誰と行ったの?」

「いくらしたの?」

こんな質問ばかりで、答える側は楽しくおしゃべりできるでしょうか?

 

ときには楽しいかもしれませんが、ずっとこんな調子で質問されたら、だんだんと職務質問を受けいているようでシンドくなってしまう人がほとんどでしょう。

だからこそ、相手の人間性にフォーカスした質問が必要なのです。

 

例えば「友達と旅行に行ってきたんだ〜」という人への質問なら

「旅行に行くとお土産はたくさん買っちゃうほう?」

「旅行はしっかり計画立ててから行く?」

「思い出にのこる出来事はあった?」

「そこに行ってみたい理由とかあったの?」

といった感じです。

情報について尋ねるよりも、より会話が広がりそうな、そして相手との仲ももっと深まりそうな感じがしますよね?

 

「価値観」「好き嫌いの好み」「体験談」「した理由」

そんな「その人にしか話せないようなお話」を引き出す質問を考えていきましょう。

「この人にリードされるとつい色々しゃべっちゃうな〜」と感じてもらえます。

 

より詳しい質問力についての解説は、こちらの記事をお読みください。

会話を広げる質問のコツ
質問は5W1Hだけじゃダメ!?会話を広げる質問力のヒケツ!会話を広げようと質問するとき「5W1H」を使う方は多いと思いますが、それではなかなか盛り上がりません。なぜなら「情報」にしか注目していないから。相手の「人がら」を尋ねる質問を使えば、オンリーワンな話を引き出せ会話は盛り上がります!質問のコツをコミュニケーション講師が解説!...
質問を生み出すコツ
質問は連想から生まれる!会話中とっさに質問を思いつくコツ「会話中にいい質問が思いつかない…」そんな人は、話のキーワードから連想を広げていきましょう!連想が苦手な人のために、「想像力を鍛える方法」や「どんな話題にも使いやすい3つの質問」もコミュニケーション講師がわかりやすく解説♪「質問が出てこない」から卒業しましょう!...

 

リードされ上手になることも大切

リードされ上手になることも重要

会話でリードする方法について書いてきましたが、内気な僕たちは必然的に相手にリードしてもらうケースも多々出てくるもの。

だからこそ「少しでもリードする側になろう!」ということで色々とノウハウをお伝えしてきましたが、同じくらい大切なのが「リードされ上手になること」です。

 

世の中には自分でリードしたがる人も大勢います。

でも、あなたが会話に消極的すぎると、大岩をロープで引っ張るように疲れてしまいます。

結果、「この人と会話するのは疲れる…」と思われ、話しかけてもらえる機会が減ってしまうのです。

 

相手がラクに楽しくリードできるよう、大岩の下に敷く台車をこしらえましょう!

それもまた、人に好かれる上ではとっても大切なことです。

今すぐチャレンジしてほしいコツは2つあります。

 

① 相手が話しはじめたらハッキリあいづちを打つ

あいづちは聴き手にできるもっとも簡単なリアクションです。

あなたが「へ〜!」とか「「なるほど!」などとハッキリリアクションすることで、相手は気持ちよく話し続けることができます。

あいづちの打ち方
相槌は「3種類の使い分け」がコツ!話し手を満足させる打ち方相槌(あいづち)の打ち方のコツは「3つの種類を使い分けること」。 バリエーション豊かな相槌を上手に使い分けて、話し手を満足させる聴き方を身につけましょう!元コミュ障のコミュニケーション講師がポイントを解説します。...

 

② 質問されたら「質問お返し」

先ほど質問を使って話題を振る方法を解説しましたが、当然ながら相手から質問で話題を振ってくることもあります。

「休日ってどんなことしてるの?」とか「最近、仕事の調子はどう?」とか。

そんなときは、まずはもちろん質問に対する自分の話をしてほしいのですが、大事なのが「自分の話が一段落したとき」。

 

すぐ次の話題に移るのでなく、相手に同じ質問を返してみましょう!

「〇〇さんこそ仕事どうなの?」と。

このスキルを「質問お返し」と呼びます。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

「話題が見つからない」を解決する必殺技
話題が思いつかなくても会話が続く必殺技「質問お返し」「話題が思いつかない」「自分から会話を始められない」いつも受け身なコミュ障さんがまず覚えるべきスキルはただ一つ。自分で話題を考えなくても100%会話が続くとっておきの技「質問お返し」をコミュニケーション講師が紹介します!...

 

なぜ質問お返しが重要なのか?

それは、「そもそも相手はその話題で話したいことがあったからこそ、振ってきたかもしれないから」です。

 

「訊かれたことは、訊き返すのが会話のマナーである」

それくらいの認識を持ちましょう。

 

【コミュ障克服の第一歩に】