人付き合いのコツ

こんな言動は避けられる⁉︎嫌われる人の特徴5選

嫌われる人の特徴

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

人付き合いで嫌われないために気をつけたほうがいいポイントはありますか?
コミュ障さん
コミュ障さん

 

コミュニケーションに絶対の正解はありません。

嫌われることを恐れてビクビクするよりも、あなたのことを好いてくれる人のために自分らしく振る舞うこと。

これがもっとも大切だと僕は思っています。

 

ただ、「これをやったらほぼ全ての人から嫌われ、避けられてしまいますよ」という言動はあります。

今回はそんな「嫌われやすい人の特徴」を5つ紹介します。

 

嫌われる人・避けられる人がやってしまう言動5選

こんな言動は避けられる

…あ、最初に言っておきますが、

他人を故意におとしめるとか、

自分は何もしないくせに文句ばかり言うとか、

自分より立場が下の人に横柄な態度をとるとか、

そういう「わざわざ言わんでも嫌われるのわかるでしょ?」みたいなことは割愛します。

 

内気なコミュ障さんが悪気なくやってしまいがちな言動をまとめてみたので参考にしてみてください(^^)

 

① 自分から話しかけない・自分のことを話さない

消極的な性格はもって生まれた部分なので無理して矯正する必要はありません。

が、さすがに自分から話しかける回数ゼロ・プライベートな話ゼロでは「私と会話したくないのかな…」と思われ、距離を置かれてしまいます。

 

解決の第一歩としては、自分から話しかけることができない人は「自分がされた質問を相手に返す」から始めましょう。

プライベートな話ができない人は「一言でいいから今の話題に関する自分の話をする」で少しずつ慣れていきましょう。

「自己開示が苦手」を克服!
自己開示する3つのメリット!内気でも無理なくできる自己開示自己開示が苦手なコミュ障さんは、人と親しい関係を築くことができません。その理由と自己開示することで得られる3つのメリットを紹介。さらに、内気な人でも無理なく自己開示する方法も伝授します!現役コミュニケーション講師がわかりやすく解説します。...

 

② 相手が話している最中に無反応&無表情

コミュ障さんは人の話を聴く時のリアクションが「小さすぎ&少なすぎ」な傾向にあります。

リアクションが薄すぎて、聴いているのか聴いていないのかよくわからない…。

そんな人と会話するのは、誰だって苦痛です。

 

嫌われたくなかったらはっきり反応を返しましょう!

苦手意識のある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

無表情の治し方
無表情を改善して「印象がいい人」になろう!表情筋の鍛え方を解説コミュ障さんには無表情な人が多いです。でも表情の変化が少ないと相手は不安になり距離を置いてしまいます。表情も会話の一部!無表情を改善して「親しみやすい人」に変わりましょう! 治し方のトレーニング法をコミュニケーション講師が解説します。...
オーバーリアクションは不要
オーバーリアクションは不要!だけど反応はハッキリ返そうオーバーリアクションが苦手、恥ずかしくてできない、そんなコミュ障さんは多いと思いますが安心してください。オーバーリアクションは無理してやらなくていいんです!とはいえ無反応は絶対NG。リアクションが出せない人は感情表現の習慣をつけましょう。...

 

③ 相手の話にまったく質問しない

質問とは「あなたのことを知りたいと思ってます」というメッセージ。

逆にあなたからの質問が全くないと「その話、興味はありません!」と言っているのと同義になってしまいます。

コミュ障さんは、早めに質問力を鍛えることをオススメします!

会話を広げる質問のコツ
質問は5W1Hだけじゃダメ!?会話を広げる質問力のヒケツ!会話を広げようと質問するとき「5W1H」を使う方は多いと思いますが、それではなかなか盛り上がりません。なぜなら「情報」にしか注目していないから。相手の「人がら」を尋ねる質問を使えば、オンリーワンな話を引き出せ会話は盛り上がります!質問のコツをコミュニケーション講師が解説!...

 

④ 会話中に全く目を合わさない

アイコンタクトは相手の存在を認めている証です。

緊張するからと言って会話中ずーっと目をそらしていたら、拒絶的なメッセージを発してしまいます。

それでは友達関係・恋人関係に発展するのはほぼ不可能です。

 

アイコンタクトはコツさえわかれば簡単に改善できますよ♪

アイコンタクトをマスター!
アイコンタクトで好印象な人に!「目を合わせるのが苦手」を克服「アイコンタクトすると緊張してしまう。」「いつも目を合わせずに会話してしまう」そんなコミュ障さんは多いはず。でも全く目を合わせないでいると、相手に拒絶的なイメージを持たれてしまうかも…。アイコンタクトのコツをコミュニケーション講師が解説します。...

 

⑤ ネガティブなことばかり言う

愚痴や失敗談など、ネガティブな話は「信頼する一部の人にしか話せない深い話題」なので、上手く使えば信頼関係を築くことができます。

 

ただ限度はあります。

会うたびに会社や世の中への不平不満をグチったり、

他人の欠点を片っ端から指摘したり、

「どうせ自分なんて」のような発言を頻繁にしたり…。

あまりに頻繁だと「この人と会話すると暗い気持ちになるからイヤだな…」と嫌われてしまいます。

 

  • 日記に書くなどして、ネガティブな感情を自己処理する
  • どうしても愚痴が言いたい時は、それ以上に相手の愚痴もこころよく聴いてあげる

などの対策をとりましょう。

 

嫌われる要素があるなら改善しよう!

嫌われる要素を改善

簡単な解説でしたがいかがでしょう?

嫌われる人の特徴をまとめるなら、

  • なに考えてるかよくわからない人
  • コミュニケーションを拒絶する素振りが見える人
  • 発言がネガティブすぎる人

この3つに当てはまる人は要注意です!

思い当たる節があるなら、改善に向けて行動していきましょう。

 

【コミュ障克服の第一歩に】