印象アップ

無表情を改善して「印象がいい人」になろう!表情筋の鍛え方を解説

無表情の治し方

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

表情の変化が乏しいので「無愛想」や「何を考えているかわからない」という印象を持たれてしまいます。

無表情を改善するにはどうすればいいでしょう?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

自分から話しかけるのが苦手なコミュ障さんにとって、「話しかけやすい人」になることはコミュニティ内で孤立しないために重要な要素です。

「この人なら気軽に話しかけても大丈夫そう!」

そんな安心感を与えられる人を目指しましょう。

 

印象が良い人になるには、なにもイケメンや美人である必要はありません。

とびきりオシャレである必要もありません。

大切なのは「柔らかい表情」です!

 

今回は無表情を卒業して好印象な人になるコツをお伝えしていきます。

 

無表情な人は警戒される

表情は大事なコミュニケーション

会話が苦手なコミュ障さんはついつい会話スキルばかりに目がいってしまいがち。

実は、あなたが思っている以上に「表情」も良い人間関係を築くうえで大切な要素なんです。

 

例えば、あなたは仕事でちょっとしたミスをしたとします。

そのことを上司に報告したところ、「何やってるんだよ!」と叱られてしまいました。

ただ、このときの上司の表情によって受ける印象は大きく変わると思うんです。

 

笑顔で「何やってるんだよ!」と言われれば「しょうがない奴だな~」というニュアンスに感じられるし、

逆に眉間にしわを寄せた仏頂面で「何やってるんだよ!」と言われればかなりご立腹なように感じられます。

どちらも言葉は同じなのに。

 

つまり、人が相手の気持ちを読み取ろうとするときに重視するのは、

「 言葉の内容 < 表情や態度 」

ということです!

 

表情が硬かったり、変化が乏しかったりして「なに考えてるかわからない人」と思われると相手は不安になっていきます。

「僕と一緒にいても楽しくないのかな?」とか色々考えてしまって、会話を楽しむ余裕がなくなってしまいます。

あなただって、そんな人(不安な気持ちにさせる人)と無理して一緒にいようとは思いませんよね?

だから無表情な人は、次第に周りから話しかけられなくなってしまうのです…。

 

実際、僕自身も中学・高校時代は「みやたくんってポーカーフェイスだよね」などと言われていましたが、やはりその頃はクラス内で孤立していることが多かったです…(T_T)

 

表情とは「感情を表す」と書きます。

仮に言葉がなかったとしても、表情で自分の気持ちを伝えられるようになりましょう!

 

コミュ障さん
コミュ障さん
そうはいっても、表情で気持ちを表現するのってすごい苦手なんですけど…。

と不安になっているコミュ障さんもどうぞ安心してください。

僕自身もそうだったので断言しますが、無表情はちょっとの努力で必ず改善できます!

 

無表情の原因は顔の筋力が弱いから

表情筋が弱いと無表情になる

そもそも無表情になってしまう一番の原因は、「表情筋」という顔の筋肉が弱まっていることにあります。

人と会話せずスマホの画面ばかり見ていたら、そりゃあ表情筋だってどんどん衰えてしまいます(~_~;)

 

では、表情筋をつけるには何をすればいいでしょうか?

 

それはもちろん、筋トレです!

表情筋だって筋肉である以上、筋トレ次第でいくらでも鍛えられるんです!

 

というわけで、今すぐ簡単にできる「表情筋トレ」をこれから紹介します。

実践すれば約ひと月で無表情な自分とさよならできますよ!

それではいってみましょう♪

 

無表情が変わる!「表情筋トレ」のやり方

表情筋の鍛え方

⚫︎ ステップ① 表情筋をフルに使って200%の笑顔をつくる

このときのポイントは2点あります。

  • 口角を思いっきりあげて、上の歯がしっかり見えるようにすること
  • 目じりは逆に思いっきり下げること

つまり、口と目(眉毛)を使って、顔の真ん中に円を描くイメージです。

あくまで筋トレなので、人前ではとても見せられない変顔レベルの笑顔を作ってみましょう(^O^)

⚫︎ ステップ② 我慢できなくなるまでキープする

200%の笑顔を作ったら、その顔をキープします。

「痛くてもう無理!」ってところまで我慢してみましょう。

本気の人は、割り箸を歯で咥えながらやると効果が倍増します。

ただし、かなりキツいです(笑)!

⚫︎ ステップ③ 1分くらい休憩を入れて3セットやる

つらかったら無理せず途中で止めてくださいね(^_^;

 

はい、これだけOKです!

簡単ですよね?

 

とはいえ実際にやってみると初めは30秒でもキツいと思うし、終わったら顔中が痛くなると思います。

表情筋がガッツリ衰えている方は、翌日筋肉痛になるかもしれません。

 

でも、そこをちょっとだけ耐えて一カ月も続けていけば、だんだん痛みを感じなくなってくるはず。

それが表情豊かな人へと変わる合図です!

僕自身、この表情筋トレを毎日続けたことで「無表情で不気味なヤツ」を卒業することができました。

 

表情筋トレをする場所は、自分の部屋でネットしながらでもいいし、マスクをして通勤時間を有効活用してもいいと思います。

顔しか使わないので、何かをしながらでも気軽にできるのが表情筋トレの利点ですね♪

 

ちなみに僕的には、お風呂でやるのが断然オススメです!

なぜかというと、

  • 他人に見られる心配がないから思いっきり変顔できる
  • 入浴中は他にやることがない、そして毎日入るから三日坊主になりにくい
  • 湯気で筋肉がほぐれて表情を動かしやすくなる

このように、表情筋トレにとても適した環境だからです。

さぁ、周りに人がいないことを確認したら早速やってみましょう!

 

自然な笑顔が出せるようになると、自信になる!

笑顔は最高のおしゃれ

無表情から抜けだす一番のメリットといえば、やはり「自然な笑顔がだせるようになること」です!

「笑顔は最高のオシャレ」なんて言葉もあるように、笑顔がステキな人ってそれだけで魅力的ですもんね♪

 

表情の変化が少ない人は、当然ながら笑顔も苦手です。

笑顔は口角を上げたり目尻を下げたり表情筋をフルに使うので、実は一番大切でありながら作るのがむずかしい表情なんです!

だから普段から表情筋を使っていないと、なかなか自然に笑えないんですよね…。

中には自分のぎこちない笑顔を見せるのが恥ずかしくて、なるべく見せないようにしていた人もいるんじゃないでしょうか。

 

僕も昔は笑うとほっぺがピクピク痙攣してしまうくらい表情筋が弱くて…

そんな自分のひきつった笑顔が大っ嫌いでした。

 

だけど、そんな僕でも「表情筋トレ」を毎日続けたことで自然に笑えるように変わることができたのです。

今では人から「笑顔がステキですね!」なんてホメられることすら出てきて、「本当に変わったんだな~」と自分の笑顔にも自信が持てるようになりました。

あなたも、今日からはじめてみましょう!

 

「面白い」を感じる心を育てよう

楽しむ心を育てることも大事

中には、こんなことを思った人もいるかもしれません。

 

コミュ障さん
コミュ障さん
僕は普段、なにかを面白いと感じることがほとんどありません。
そんな僕が表情筋を鍛えても、自然な笑顔は出せないんじゃないでしょうか?

 

そうですね。

たしかに「面白い!」「楽しい!」という気持ちは笑顔の源です。

だから、普段からそういう気持ちを感じることが少ない人は、意識して「面白い!」「楽しい!」を感じる体験を増やしてみましょう。

 

なにか大きなことをする必要は全くありません。

  • お笑い番組を見る
  • YouTubeで好きな芸人の漫才を見る
  • ギャグ要素の強い映画やマンガを楽しむ
  • 好きなことに没頭する

こんなことで十分です。

そしてほんの少しでも「面白い!」「楽しい!」と感じたらきちんと笑いましょう!

 

これを続けていけば、

何かを「面白い」と感じるハードルが

何かを「楽しい」と感じるハードルが

だんだんと低くなって、色んなことを楽しめるようになれます。

 

心は自動車で言うところのガソリンです。

そして表情筋は車体です。

ガソリンが入ってなければ走ることはできないし、逆にガソリンだけあっても何にもなりません。

笑顔も同じだと考えてくださいね。

 

というわけで、穏やかな表情を手に入れる方法についてお話ししてきました。

自分の気持ちをきちんと表情で表すことができるようになれば、必ず今より「感じのいい人だな」と思われる機会が増えていきます。

自然と人から話しかけてもらえるチャンスも増えていくことでしょう!

【コミュ障克服の第一歩に】