人見知り・内向型

人見知りの治し方を解説!原因を取り除けば人見知りは緩和する

人見知りの治し方

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

ひどい人見知りで初対面の人の前だとほとんど話せなくなってしまいます。

人見知りを治したり緩和する方法はありますか?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

人見知りとは簡単に言うと、「見知らぬ人の前だと緊張して普段通りの振る舞いができなくなってしまうこと」

 

でも人間なら誰しもよく知らない人の前では多少の緊張はするもの。

だから、完全に克服するのは至難の技だし、正直そこまでする必要はないと僕は考えます。

(僕自身、今も人見知りすることは全然ありますよ(^O^))

 

とはいえ人見知りがあまりに激しすぎると

「ガッチガチに緊張しちゃって人と全然仲良くなれない!」

「初対面の人の前だと頭が真っ白になって会話にならない!」

などの困った事態になってしまうので、人並みレベルに人見知りを緩和することは大切です。

そこで今回は最も着実に人見知りを治す方法」をお話しします。

 

人見知りとコミュ障の違い

コミュ障と人見知りの違い

コミュ障さんの中には、人見知りとコミュ障のダブルパンチで「全然人とうまく関われないんです〜!」っていう人、多いと思います。

 

もしかしたらここで

「え、人見知りとコミュ障って一緒じゃないの?」

と感じた人もいらっしゃるかもしれないので、先にそれぞれの意味を確認してみたいと思います。

 

まず人見知りというのは、本来は「子供が」知らない人に対して、恥ずかしがってしまうことを指します。

もともとは子供に対して使う言葉だったんですね。

ただご存知のように今は大人でも「私、人見知りなんです」とフツーに言うようになりました。

だから現在の意味合いとしては、「見知らぬ人(例えば初対面の人や関係が浅い人)に対して普段通りの振る舞いができない人」を指します。

 

対するコミュ障というのは「会話・雑談に苦手意識があり、人間関係を築くのが苦手な人」のことを指します。

例えば、「自分から話題を振ることができない」とか「相手が話題を振ってくれてもすぐに会話が途切れてしまう」みたいな人です。

混同されがちだけど、このように微妙に意味は異なるというわけです。

 

実際、世の中には「人見知りだけどコミュ障じゃない人」もたくさんいます。

日本人は基本的にシャイなのでこのタイプは多いです。

 

逆に「コミュ障だけど人見知りじゃない人」もいれば「コミュ障かつ人見知り」という人もいます。

ちなみに以前の僕は「超がつくほどのコミュ障かつ超がつくほどの人見知り」でした(T_T)

 

ズバリ、人見知り克服法はコレ!

人見知りを改善する

では人見知りの意味を確認したところで、今から克服法をお話ししていきたいと思います。

 

人見知りというのは先ほど言ったように、「見知らぬ人に対して普段通りの振る舞いができない人」のことを言います。

なぜ普段通りに振る舞えないかというと、

「この人は私に対して好意的に接してくれないんじゃないか?」

という不安があるからです。

 

ただ冒頭で述べたように、人が出会ったばかりの人を前にして不安を感じてしまうのは当然の流れだと思います。

そもそも人の心は よく知らない人に対して警戒するようにできているからです。

だから「完全に人見知りを克服しなきゃいけない!」と考える必要は全くありません。

 

要は程度の問題です。

人並み以上に不安を感じてしまう人は、本当に心を許した一部の人を除いてほとんど喋ることができなくなってしまいます。

では、その理由とは?

 

不安の裏に「私は人に好かれない人間なんだ」という自信のなさが隠れているからです。

 

つまりはその「好かれない」と感じている要素を受け入れる、もしくは解消する。

それが人見知りを緩和する最も着実な方法です。

 

「好かれにくい」と感じやすい3つの要素

人見知りの原因

まずは「私は人に好かれない人間なんだ」と感じてしまう源を明らかにすることが第一歩です。

これは人によって違うように思うかもしれませんが、おそらくパターンとしては大きく3つほどしかありません。

 

それが、

  • 「素の自分を見せたら好かれない」
  • 「会話が下手だから好かれない」
  • 「外見が良くないから好かれない」

この3つです。

一つずつ改善策を解説していきます。

 

「素の自分を見せたら好かれない」の克服法

人見知りで自分の意見が言えない

「こんなこと言ったら変だと思われるんじゃないか?」

「ここで自分の意見を言ったら嫌われるんじゃないか?」

そんな不安が大きすぎる人は、自分を出せずにいつも周りの意見に流されてしまいます…。

 

素の自分を出せるようになるにはどうすればいいのでしょう?

試しにネットで人見知りの治し方を検索すると、よくこんな言葉を見かけます。

 

周りの人たちはあなたが言ったことを何も気にしてはいません。

だから周りの目を気にしすぎないようにしましょう!

 

もちろん言っていることはもっともだと思います。

人見知りというのは、結局は本人の気の持ちようの問題ですからね。

でも人見知りしてしまう側からしたら、「そう思えたら苦労しないよ!」って感じだと思う。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

「素を見せることへの不安」というのは、「素の自分を出したらこうなるんじゃないか?」という「もしも」の未来に対してあなたが勝手に抱えている不安です。

そしてこうした不安はいくら考えたところで本当の答えはわかりません。

だから考えるほど不安ばかりが大きくなる一方になってしまいます。

人は未知のものに対して警戒するようにできているからです。

 

だとしたら、この不安を根本から解決する方法は一つです。

実際に素の自分を出して「もっと自然体の私で大丈夫なんだ」ということを身をもって感じるしかありません!



「素の自分が出せなくて困っているのに、まずは素の自分を出してみろってどういうこと!?」

とあなたは感じたかもしれません。

でも、たとえどんなに納得のいく理論を聴いたところで、最後は自分から「えいや!」と踏み出さなきゃいけないときが必ず来ます。

だったらいつまでも理論をこねくり回していないで、さっさとご自身で体験してしまうのが圧倒的に手っ取り早くて効果的な方法なんです。

 

もちろん最初は軽いことからでオッケーです。

  • お店を決めるとき自分の要望をやんわり伝えてみる
  • 飲み会で一杯目に飲むものを周りと同じにするんじゃなく、自分が本当に飲みたいものを注文してみる
  • Mサイズの服を試着して大丈夫そうと思っても「一応Lも来てみていいですか?」とお願いしてみる

そんな否定されづらい軽いことから自分の意見を伝えてみましょう。

伝える相手も、まずは優しそうな人や店員さんのような、絶対に強く否定してこないとわかっている人に対してだけで十分です。

 

これを続けていくと、きっと気がつくはずです。

「悪意さえなければ、ちょっとくらい自分の我をだしても人は嫌ってこないんだ」

「ダメな部分も含めて、自分をもっとオープンにしても大丈夫なんだ」

ということに。

ぜひ少しずつチャレンジしてみましょう。

 

「会話が下手だから好かれない」の克服法

コミュ障で人見知りが悪化

コミュ障かつ人見知りな人に多いのが

  • いい話題が思いつかない!
  • 会話が途切れて気まずくなりたくない!
  • 一緒にいて退屈な人だと思われたくない!

などの不安です。

 

苦手なことをするときに不安を感じて緊張してしまうのは当たり前のこと。

だから結局のところは、会話力を鍛えることで自信をつけることが一番確実な方法です。

 

とはいえ、会話に絶対の自信を持つことなんてできる気がしませんよね…。

僕だってそんな自信は今も持っていません(^^;)

だから絶対の自信じゃなくていいんです!

 

「昔の私と比べれば、けっこう会話できるようになってきたぞ!」

そういう確かな実感が自信になり、自然体で会話できるようになっていきます。

ぜひその辺りを目指してコミュ力を鍛えていきましょう。

 

ただ人並みレベルでいいとは言っても、会話力が身につくまでにはある程度の練習と時間が必要です。

それまでの間、今すぐにできる対処法としては、

「あらかじめ話すことや訊くことを決めておく」

という方法がオススメです。

 

結局のところコミュ障さんの一番の不安って、「話題が切れて気まずい沈黙が訪れること」だと思います。

そこまで盛り上がっていなくても、とりあえず会話さえしていれば気まずくてドキドキすることも減っていきます。

だから先に話題を仕込んでおけば、いざというときの助けになります♪

 

もし事前に相手の情報がある程度わかるのであれば、必ずチェックしておきましょう!

例えばSNSでつながりがある人であれば、相手のプロフィールや過去の投稿をチェックすればきっと質問したいことの一つや二つは見つかるはずです。

 

全くの初対面であれば

  • 何のお仕事されてるんですか?
  • お住まいはどちらですか?
  • 休日はどんなことしていますか?

こんなテンプレート的な質問でもいいのでいくつか用意しておきましょう。

初対面の鉄板話題・ネタ
初対面の会話で「ネタが見つからない」「盛り上がらない」を解決!「初対面の人と会話するときの話題って何がいいの?」そう困っているコミュ障さんに向けて、初対面時の最適ネタの見つけ方&広げ方をコミュニケーション講師が解説します。さらに、会話を盛り上げ「その他大勢」から抜け出すとっておきの会話のコツもご紹介!...

 

それから僕もよくやっていましたが、用意した話題はスマホのメモ帳に書いておくのがオススメです!

そうすればトイレに行った隙などにさっと確認できるのでド忘れ防止になるし、精神安定剤の代わりになってくれます♪

 

「外見が良くないから好かれない」の克服法

ルックスが原因で人見知りが悪化

最後は「自分のルックスに対する自信のなさ」です。

 

「イケメンじゃない(かわいくない)自分が話しかけたら迷惑がられるかな…」

「服装がダサいから見下されてるんじゃないか…」

そんな不安から過剰に緊張してしまう人も多いと思います。

 

もちろん、イケメンじゃないからって「話しかけてくんな」って思う人はほとんどいないし、ダサいからと言って見下してくる人もほとんどいません。

とはいえそういう人も少なからずいることは事実だし、過去にそんな心無い言葉に傷ついた経験がある人もいると思います…。

 

だから「見た目で人を判断しない人だってたくさんいるから大丈夫だよ」なんて言われたところで

「頭ではわかってても不安になっちゃうんだからしょうがないじゃん!」

それが人見知りする側の本音だと思います。

 

じゃあどうすればいいかというと、これも会話力と一緒でできることから改善していくこと」が一番確実に不安を軽くする方法です。

 

実際、僕がそうでした。

僕は今でこそ洋服を買うのが趣味と言えるくらい好きだし、「イケメンですね」と言ってもらえることも年に1回くらいはあります。

(お世辞でも嬉しいです( ̄∀ ̄))

 

でも実は、大学二年の頃まではおしゃれに全く無頓着だったんです。

自分に似合う髪型を考えたこともなかったし、

顔中ニキビ跡だらけだったし、

眉毛を整えたこともなかったし、

洋服を自分で買ったことすらありませんでし(^_^;)

 

当然、そんな自分のルックスを好きになれるはずもなく、いつも自信がなくてオドオドしている人間でした。

だけど大学時代に失恋したことがキッカケで、「もっと自分に自信を持ちたい!」と外見磨きを始めました。

 

髪型を気にするようになり、

ニキビができなくなる化粧品を探して10種類以上も試したり、

眉毛を整えたりして清潔感に気を配ったり、

洋服のコーディネートを勉強したり…、

 

そうした行動を積み重ねていくことで、だんだんと自信がついて人と接するときの緊張も和らいでいきました。

 

だから「どうせ自分は何やっても変わらないよ」って思っている人も、とりあえずチャレンジしてみてほしいのです!

 

今なんてユニクロやGUでも十分におしゃれなコーディネートは作れるし、

どうせオシャレしようがしまいが洋服は買うものですよね?

どうせ髪は伸びたら切るものですよね?

つまり、かかるお金はほとんど変わりません。

 

「今までの自分を知ってる人からの視線が気になって行動できません」という人もいるかもしれませんが、何か言われたとしてもせいぜい最初の二日間くらいです。

「僕もいい大人なので、見た目にもちょっと気を使うことにしてみたんです(^_^)」とでも言っておけば、それ以降はもう何も言われません。

 

顔そのものは変えることができなくても、洋服や髪型、清潔感に気を配るだけでもびっくりするくらい人の印象は変わります。

これは実際に体験した人にしかわからないことなので、まずは騙されたと思ってチャレンジしてほしいと思います。

コミュ障改善にファッションが効果的!
コミュ障さんこそファッションに興味を持っておしゃれしよう!コミュ障さんの中にはファッションやおしゃれに興味ない人も多いと思いますが、実はファッションに興味を持つことはコミュ障改善にも効果的です!「話題にしやすい」「自信になる」などメリットたくさん。コミュ障さんほどオシャレを楽しみましょう!...
清潔感ある男性になる方法
清潔感は好かれる男性の絶対条件!恋愛にも仕事にも効果バツグン清潔感、それは好印象な男性の絶対条件。自分の手入れをするのは最初は面倒ですが、それは相手を不快にさせないための気遣いです。身だしなみに気を配る上での心構えと、最低限の7つのポイントを紹介します。好かれたい男性は【必読】です!...

 

人見知りは一度改善すれば一生モノ

人見知りとサヨナラ

人見知りの治し方についてお話ししてきました。

  1. あなたが人付き合いに自信が持てない根源を明確にすること
  2. その根源を少しでも小さくするための方法を考え、実践してみること

この二つを実践してみてください。

 

時間がかかる部分もあると思います。

人によっては今まで何十年と人見知りしてきたわけですから、やっぱり根本から治すにはコツコツ行動していくことがある程度は必要です。

でもコミュ障同様、一度改善さえしてしまえば、それ以降は人見知りで深刻に悩むことが一生無くなります。

 

そう考えればチャレンジしてみる価値は大いにありますよね?

ぜひ、できることから実践していってもらえたら嬉しいです。

【コミュ障克服の第一歩に】