職場の人間関係

職場に居場所がない…。定着した「喋らない人」から脱する3ステップ

職場の雑談しないキャラから卒業

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

これから職場関係を良くしていきたいのですが、すでに職場では「雑談しない人」のイメージが定着しています。

今からでも気軽に雑談できる関係を築くにはどうしたらいいでしょう?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

「コミュニケーションを学びはじめたけど、これまで職場の人とほとんど雑談してこなかったから今さら話しかけづらい…」

「無口キャラが定着してるのに、いきなり雑談に混じったら周りにビックリされそう…」

あなたがコミュ障を改善する上で、こうした壁には高確率でぶつかると思います。

 

交流会や講座のように初対面の人しかいない環境であれば「ちょっと頑張って話しかけてみようかな」という気になれますが、すでに日常の一部と化している職場で今までと違った振る舞いをするのはなかなか勇気がいるものですよね…。

 

とはいえ、どこかで行動を起こさないかぎり、現状は変わりません!

職場に居場所もできません!

そこで今日は、すでに「雑談しない人」が定着した環境下(おもに職場)でも無理なく雑談できるように変わる方法をお伝えします!

 

雑談できない現状を変えるには「少しずつ」が基本

喋らないキャラは少しずつ改善

いきなり雑談をふろうと思っても、「変だと思われちゃうかも…」という自意識過剰が顔を出して上手くはいきません。

何事もそうですが、現状を変えていくには「無理のない程度にちょっとずつ」が基本戦略になります。

一気に「赤から青」に変えるのでなく、徐々に青の成分を濃くしていって「赤→赤っぽい紫→青っぽい紫→青」と、グラデーションのように変えていく要領です。

一日二日でどうこうするのでなく、2週間から1ヶ月くらいかけて取り組むべき問題であることをまずは認識しましょう。

 

というわけで今から、3つのステップに順序立てて「雑談しない人」から抜け出す方法を解説していきます!

 

ステップ① 感じよく挨拶する

職場の人に挨拶することから始めよう

今さら書くようなことでもないかもしれませんが…

同じ職場・同じコミュニティに属している人にはちゃんと挨拶しましょうね!

 

「おはようございます」

「お疲れさまです」

「行ってきます」

「お先に失礼します」

 

挨拶は相手の存在を認めている証です!

存在を認め合わないことは、道端ですれ違う他人と何も変わりません。

 

道端で他人と雑談なんかしませんよね?

つまり、挨拶することが雑談できる関係をつくるスタートラインなのです。

 

コミュ障さんにありがちなのが、目線を合わせず小さな声でモゴモゴと挨拶すること。

これは挨拶したうちに入りませんよ!

  • 笑顔で(全開じゃなくていいので口角はあげましょう)
  • 目線を合わせて
  • 相手に聞こえるボリュームで

この3点を心がけていきましょう!

 

目線を合わせるのが苦手な方は、こちらの記事を参考にしてみてください(^^)

アイコンタクトをマスター!
アイコンタクトで好印象な人に!「目を合わせるのが苦手」を克服「アイコンタクトすると緊張してしまう。」「いつも目を合わせずに会話してしまう」そんなコミュ障さんは多いはず。でも全く目を合わせないでいると、相手に拒絶的なイメージを持たれてしまうかも…。アイコンタクトのコツをコミュニケーション講師が解説します。...

 

ステップ② 業務連絡しやすい人になる

業務連絡しやすい人になる

「雑談はできないけど、業務連絡とか仕事に関する会話なら問題なくできる」というコミュ障さんは多いと思います。

であれば、まずは「仕事に関する会話を気軽にしやすい人」になりましょう。

 

そのために最も簡単かつ即効性のあるスキルが「あいづち&オウム返し」です。

あいづち・オウム返しはたった一言で自分の気持ちを伝えることができるとっても便利なスキルなのです。

「なるほど~。」と言えば、私が納得したことが伝わります。

「3時間も残業してたんですか~!?」と言えば、私が驚いたことが伝わります。

業務連絡でもあいづち・オウム返しを活用していきましょう!

 

例えばこんな風に。

こうすればもっと簡単にできますよ。
あ、はい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

こうすればもっと簡単にできますよ。
なるほど~!
この方法はいいですね!

 

これ、なるべく今日中にお願いします。
わかりました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

これ、なるべく今日中にお願いします。
今日中ですね!
がんばります!

このように、あいづち・オウム返しを交えてちょっとだけ自分の気持ちをオープンにしてみましょう。

 

相手がぽろっと気持ちを漏らしたときに、逃さずすくいとってあげることも効果的です。

今からちょっと面倒なお客さんのところ行かなきゃいけないんですよね〜。
あ、そうなんですか。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今からちょっと面倒なお客さんのところ行かなきゃいけないんですよね〜。
えぇ!そうなんですか。
それはちょっと憂鬱ですね。

 

こういう小さな気持ちの共有を積み重ねて行くことによって「○○さん、なんか前より話しやすくなったな~」と感じてもらえるようになります。

連絡ついでに軽い雑談をしてくれる人も増えていくはずです!

 

実際、僕の講座を受講した生徒さんからも

「あいづち・オウム返しを意識するようになってから上司が話しかけてくれることが増えました!」

といったうれしい報告はいくつもいただいてます。

 

あいづちやオウム返しって簡単にできるから軽く見られがちだけど、すごい力を秘めているんですよ!

あいづちの打ち方
相槌は「3種類の使い分け」がコツ!話し手を満足させる打ち方相槌(あいづち)の打ち方のコツは「3つの種類を使い分けること」。 バリエーション豊かな相槌を上手に使い分けて、話し手を満足させる聴き方を身につけましょう!元コミュ障のコミュニケーション講師がポイントを解説します。...
オウム返しのコツ
オウム返しは聴き上手の必須スキル!3つのコツで使い方をマスター聴き方のスキル、オウム返し(バックトラッキング)が上達すれば、楽に会話が続くようになります。オウム返し(バックトラッキング)を使いこなす3つのコツをコミュニケーション講師が解説。使い方をマスターして聴き上手に近づきましょう!...

 

ステップ③ 雑談をふってくれた人に話しかけてみる

話しやすい人と雑談

雑談を振ってもらえる機会が増えてきたら、いよいよ自分から話しかけることにチャレンジしていきましょう!

まずは話しやすい人に対してだけでOKです。

ステップ2の段階であなたに話しかけてくれた人であれば、きっとこころよく応じてくれるでしょう。

 

話しかける話題としては、

「今日は寒いですね~。」

「お盆休みはどこか行かれるんですか?」

など、天気や季節あたりの定番話題で十分です。

今までほとんど雑談をしていなかった人同士でいきなり個人的すぎる話をするのは違和感バリバリですからね(^^;;

 

「今さら天気の話題なんて…」と感じるかもしれませんが、天気の話題すら気軽にできない人と、もっと深い会話ができるわけがありません!

まずは定番話題から始めましょう!

 

簡単にできる話題の振り方はこちらの記事で解説しています。

話題の振り方・探し方
見つからない!振れない!盛り上がらない!話題探し3つの壁を攻略会話の話題探しが苦手なコミュ障さんが直面する3つの壁。「話題が見つからない」「見つけても振ることができない」「振っても会話が盛り上がらない」それぞれの壁の最も簡単な乗り越え方を、元コミュ障のコミュニケーション講師が伝授します!...

 

「仕事中だといつ話しかけていいのかタイミングがつかめない…」

そんな方は、お昼休みやコーヒーブレイクの時間など「100%雑談してもいい場」でチャレンジしていきましょう。

 

「どうしても話しかける勇気が出ない…」

そんな場合は「最低一日一回は自分から話しかける」などの独自ルールを作り、できたらスケジュール帳に印を入れる、といったゲーム感覚でやってみましょう。

「月〜金まで達成できたら、ご褒美として帰りに好きなスイーツを買っていい」など工夫を凝らすのもオススメです。

 

 

続けていくうちに

「○○さんってなんか最近明るくなったよね」

なんて指摘されることも出てくるかもしれません。

 

そんなときには、

「実は、コミュ障を治そうと思ってコミュニケーションの勉強しているんです。」

と素直に打ち明けてみましょう。

苦手を克服するために努力していることを知ってもらえれば、さらに好意的に受け入れてもらえるようになりますよ!

 

職場に居場所ができると幸福度が2倍になる!?

職場の人間関係は幸せに直結する

職場とは、働く社会人にとって自宅の次にいる時間が長い場所です。

(人によっては自宅以上にいるかもしれませんね(^_^;))

だからこそ、職場の人間関係の良し悪しは、人生の幸福度にも直結する大事な要素です!

 

事実、2004年にアメリカで行われた調査によると、職場に3人以上親しい人がいる人は

  • 人生への満足度が約2倍
  • 自分の給料への満足度が約3倍

にもなったそうです。

 

今現在、職場に居場所がないと感じているなら、

  • ステップ① 感じよく挨拶する
  • ステップ② 業務連絡しやすい人になる
  • ステップ③ 雑談を振ってくれた人に自分から話しかけてみる

この3ステップを実践して、気軽に雑談しあえるいい人間関係を作っていきましょう!

【コミュ障克服の第一歩に】