ネタの探し方

見つからない!振れない!盛り上がらない!話題探し3つの壁を攻略

話題の振り方・探し方

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

自分から会話を切り出せるようになりたいのですが話題が見つかりません。

仮に見つけても「いきなりこの話題で不自然じゃないかな」などと考えて結局黙ってしまいます。

コミュ障でも気軽に振れる話題はありませんか?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

「話題が見つからなくて自分から話しかけることができない…」

コミュ障さんのほぼ全員が抱えている悩みです。

 

そして見つからないだけでなく、せっかく見つけた話題も「いきなりこんな話したら不自然じゃないかな…」とか考えて振れずに終わったり…

勇気を出して話しかけてみても会話が終わってしまったり…

何かと苦労は絶えませんよね。

 

そこで今日は、

  • 話題が見つけられない
  • 見つけた話題を振ることができない
  • 振ったところで会話が盛り上がらない

それぞれの壁を乗り越える、最もカンタンな方法をお伝えします!

 

話題が見つからないなら「今ここ」から探そう

話題は「ここ」から見つける

まずは「話題が見つけられない」の解決策です。

 

おしゃべりな人に話題探しのコツを聞いてみると、だいたいこう答えます。

「そんなの何でもいいんだよ〜」って(^_^;)

 

もちろん、それはそうなんでしょうけど…。

「何でもいい」だと範囲が広すぎて、かえって選びづらくなってしまいます。


では、どうすればいいかと言うと…

「範囲をできるだけ絞って、その中から話題を探す」

これが最も着実な方法です。

 

そして話題探し初心者のみなさんがまず絞るべき範囲は「今ここ」です。

 

  • 今日という日に関する話題
  • 今この時間に関する話題
  • 今いる場所に関する話題
  • 今ここから見えるものに関する話題

とにかく「今」です!

「今」に関わりのあるネタこそが、最も振りやすい話題なんです。

 

例えば具体例を挙げると、

  • 今日の気候 … だいぶ春らしい陽気になってきましたね。
  • 今いる場所 … このカフェ、静かで居心地いいですね。
  • 今の服装 … このジャケット、ユニクロの新作なんですよ。

といった感じです。

 

なぜこうした話題が初心者に最適なのか?

それは、話題を振るときの大原則は「なるべく相手にとって身近な話題を選ぶこと」だから。

 

例えば、「昨日のサッカーの試合は熱かったですよね〜」と話しかけたとします。

相手もその試合をテレビで見ていれば、それは「相手にとっても身近な話題」なので盛り上がる可能性は非常〜に高いです。

でももし、相手が見ていなかったら…?

もっと言えばサッカーにまるで興味がなかったら…?

「サッカーとかあんまり見ないんですよ〜」と言われてすぐに会話が終わってしまうことでしょう。

 

そんな話題でも楽しく会話を続ける方法もあるにはありますが、ちょっと難易度が高くなってしまいます。

まずは「相手にとって身近かどうか」で選ぶことが話題探し初心者にとっては大切なポイントです。

 

そして「今ここ」に関することは、自分も相手も「今、見えているもの」「今、感じ取れること」なのでお互いにとって身近な話題と言えます。

だから相手が乗ってきてくれる可能性が非常に高いのです。

これが「今ここ」に関する話題を選ぶ一番のメリットです。

 

「こんな軽い内容でいいの?」と疑問に感じた人もいるかもしれませんが、最初は無難な内容で十分なんですよ。

もちろん深い関係に進むには、より深い話をすることも必要にはなってきますが、人間関係は積み重ねが大切です。

 

どうでもいい雑談すらできない相手に対して、もっと深い話ができるわけがありません!

「どうでもいい雑談を気軽に言い合える関係になること」

これをひとまずのゴールとして目指していきましょう!

 

話題を振れないなら質問から入ろう

会話は質問から入ってもいい

続いては「見つけた話題を振ることができない」という悩みを解決していきます。

 

せっかく話題にできそうなネタを見つけても、

  • 今この話を振っても不自然じゃないかな…
  • がんばって話しても興味なさそうな態度取られたらどうしよう…

そんな不安が邪魔をして切り出せないこともありますよね。

 

「今ここ」は先ほどお話ししたように「高確率で相手が乗ってくれる話題」だし、今現在に関連する内容なので「いきなり振っても不自然じゃない話題」でもあります。

だから不安もいくらかは抑えられると思いますが、今までずっと受け身だった人からすると「いきなり自分の話を切り出す」という行為自体が「ちょっとハードル高いなぁ〜」と感じることでしょう。

 

そんなときは「質問」の出番です!

「話題を振る」って言うと、どうしても自分から「この前こんなことがあってさ~」みたいにネタを披露しなきゃいけないんじゃないか? と考えてしまう人もいるかと思いますが、質問して相手にしゃべってもらったっていいんです!

 

例えば先ほど挙げた「今ここ」の話題で考えてみると、

⚫︎ 今日の気候

だいぶ春らしい陽気になってきましたね。
○○さんは花粉症とか大丈夫ですか?

⚫︎ 今いる場所

このカフェ、静かで居心地いいですね。
○○さんは普段カフェとか行ったりしますか?

⚫︎ 今の服装

この時期の服装ってどれくらい着込めばいいか困ったりしませんか?

といった感じです。

これならコミュ障さんでもちょっと頑張ればできそうじゃないですか?

 

内向的な僕たちにとっては相手にしゃべってもらうほうが簡単です。

そして、一般的に「話したがり」より「聴きたがり」のほうが好かれます。

 

僕自身、今も決しておしゃべりな性格ではないので質問から入ることのほうがダンゼン多いくらいです。

あなたもまずは、「今ここ」に関する質問を相手に振ってみる!

ここから始めていきましょう。

 

話題を振ったら「人がらオープン」で盛り上がる

話題を振ったら人がらオープン

最後は「話題を振っても会話が盛り上がらない!続かない!」という悩みの解決策です。

 

コミュ障さんの多くは会話を続けることも苦手なので、

「振ったところで、すぐに会話が途切れて気まずくなっちゃうんです!」

という悩みもお持ちかと思います。

 

とくに紹介した「今ここ」に関する話題は「今日の天気」や「今いる場所」など軽い内容が多いので、「こんなんで会話盛り上がるの?相手と仲良くなれるの?」と疑問に感じている人は当然いらっしゃると思います。

 

でも安心してください。

たとえスタートは無難な話題でも、そこから「あること」に気をつけて会話を進めれば、誰でも盛り上げることは十分可能です!

 

その「あること」とは?

「人がらをオープンにすること」です!

 

コミュ障さんの話には「自身の人がら」がほとんど入っていません。

代わりに「情報の話」しかしていない場合がとても多いです!

 

情報の話とはどんな話か?

先ほどの例文でいくと

⚫︎ 今日の気候

だいぶ春らしい陽気になってきましたね。
今日は最高気温18度って天気予報で言ってました!

⚫︎ 今いる場所

このカフェ、静かで居心地いいですね。
横浜にも系列店があるらいいですよ。

⚫︎ 今の服装

このジャケット、ユニクロの新作で撥水機能もついてるんですよ。

こんな私の人間性とは関係のない内容が「情報の話」と言えます。

…心当たりあるコミュ障さんは多いんじゃないでしょうか?

 

もちろんこんな話も全然していいんですけど、最初から最後までず~っとこんな調子では、誰かと顔見知り以上の関係になるのは難しくなってしまいます。

もっとあなたの人間性をさらけ出す話を目指していきましょう!

 

そんなに難しく考えなくて大丈夫です。

ようは「○○+私の話」をすればいいんです。

⚫︎ 今日の気候+私の話

だいぶ春らしい陽気になってきましたね。
今年は花粉の量が少ないみたいでホッとしてます。

↑「気持ち」をプラス!

⚫︎ 今いる場所+私の話

このカフェ、静かで居心地いいですね。
近所のドトールによく行くんですけど、おばちゃん集団が後からやってくることが多くて落ち着けないんですよ〜

↑「体験談」をプラス!

⚫︎ 今の服装+私の話

このジャケット、ユニクロの新作なんですよ。
洋服にはあまりお金かけたくないので、基本ユニクロとGUばっかりです。

↑「価値観」をプラス!

このように、ほんの一言でもあなたの人がらをオープンにしてみましょう。

すると相手は「わかります!私もそうです!」と共感してくれたり、「私の場合はこうなんですよ〜」とプライベートなことを話してくれるようになっていきます。

お互いの人がらを共有していけば、必ず今より会話を楽しめるようになりますよ!

 

まずこれだけ覚えよう!便利な会話テンプレート

話題を振るのが苦手な人のテンプレート
  • 話題を振るのが苦手なら、質問を使って相手をしゃべらせよう
  • 話題を振っても会話が盛り上がらないなら、自分の人がらをオープンにしよう

ここで一つの疑問が生じます。

 

コミュ障さん
コミュ障さん
質問しちゃったら話すのは相手なんだから、「人がらオープン」が使えなくなっちゃうんじゃない?

 

いえいえ、もちろん「人がらオープン」はあきらめません!

チャンスは相手が話し終わった「あと」にあります。

 

実は、いきなり自分のネタを披露するよりも「相手が話し終わったあと」のほうが自分のネタを披露する心理的なハードルがグッと低くなるんです!

 

例えば、

このカフェ、静かで居心地いいですね。
○○さんは普段カフェとか行ったりしますか?

とセオリー通りに質問したら、まずは相手のカフェ話をしっかりと聞いてあげます。

スタバ行くんですか!
おしゃれですね〜。

(リアクションをしっかりとってあげるのがポイントです!)

 

そして相手の話が一段落したなと思ったタイミングで、今度は私のカフェ話を始めます。

僕はもっぱらドトールです。気軽に入れる感じがいいんですよね〜。
スタバはオシャレだし注文もややこしいのでハードル高いです!

といった感じに。

 

この流れなら相手のカフェ話を聞いた直後なので、自分のカフェ話もスッと切り出すことができます。

相手の話をしっかり聞いてあげた後なので、「今度はきっと相手が聞いてくれるだろう」という安心感も出てきたりします。

 

  1. 相手に質問する
  2. 相手の話をしっかり聞く
  3. 一段落したら同じ話題で私の話をする

このテンプレートを使えば自然な流れで会話を進めることができるし、「相手の話」+「私の話」という二段構成になるので一往復二往復ですぐに会話が終わってしまうのを予防することもできます。

非常〜に使い勝手のいい万能テンプレートなので、ぜひ使ってみてください。

 

というわけで、話題探しが苦手なコミュ障さんに立ちふさがる3つの壁を突破する方法を紹介しました〜。

 

まとめ

⚫︎ 話題が見つけられない

まずは「今ここ」と関連のある話題を探してみましょう!

 

⚫︎ 見つけた話題を振ることができない

自分から話すのが難しかったら、まずは質問して相手を喋らせてみましょう!

自分が話すのは相手の話が一段落してからで十分です。

 

⚫︎ 振ったところで会話が盛り上がらない

会話が始まったら「人がらオープン」を意識して話してみましょう

 

⚫︎ 使いやすい会話テンプレート

  1. 相手に質問する
  2. 相手の話をしっかり聞く
  3. 一段落したら同じ話題で私の話をする

 

【コミュ障克服の第一歩に】