話し方

会話のアドリブ力UP!「返しが思いつかない」を解決!

会話のアドリブ力を上げる方法

こんにちは!

元コミュ障の現役コミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

急に話題を振られたとき、何を話せばいいかわからず言葉につまってしまうことがあります。



アドリブに強くなる方法はありますか?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

最初に大事なことをお伝えしておきます。

 

会話とは相手がいて初めて成立するものです。

相手という「自分でコントロールできない存在」がいる以上、予想外の話題や質問を急に振られるケースはいくらでもあります。

(だからこそ会話は楽しくもあるのです)

 

つまり、返す言葉がとっさに思いつかないことは絶対にあります。

どんなにアドリブ力の高い人であっても100%なくすことは不可能です!

 

とくに僕たち内向型人間はもともと「よく考えてから話す」傾向が強いので、思ったことをすぐ口に出す外向型人間と比べて、話すことがすぐに思いつかないケースは多くなります。

 

まずはそのあたりのことをしっかりと受け止めましょう。

そうすれば少しは気が楽になるのではないでしょうか?

コミュニケーションにおいて完璧主義は邪魔になるだけですよ!

 

とはいえ、

100%は無理にしても、言葉につまって会話が止まる回数はできるだけ減らしていきたいですよね?

そこで今日は、

  • 会話のアドリブ力を上げる方法
  • 言葉につまった時の対処法

それぞれ詳しく解説していきます!

 

アドリブ力を上げる方法① 会話の経験値を増やす

未経験の話題を埋める

一番の方法はやはり、会話経験を多く積むことです。

会話中に相手からどんな話が出てくるのか、どんな質問をされるのか、先の展開はわかりません。

瞬発力が求められるし、頭も使います。

だから会話すること自体が、頭の回転を良くするトレーニングにもなっているのです。

 

コミュ障さんの場合、普段から人と話す機会が少ないせいで、どうしても会話で必要とされる頭の回転が鈍りがち。

実際、僕の知人でも「コロナ禍でずっと人と会っていなかったらコミュ障が悪化した」という話も聞いています(^_^;)

なので、家族相手でもいいので会話する時間は日々持ったほうが絶対にいいし、できれば月2回くらいはコミュニケーション講座などを利用してガッツリ会話練習する日も設けたほうがいいと思います。

 

 

また、会話経験が乏しいままだと、初めての話題・初めての質問に遭遇する確率も必然的に高くなります。

誰だってはじめての話題・はじめての質問では言葉がつまりやすくなるものです。

 

「最近のマイブームは?」

「今の仕事のやりがいは?」

「○○についてどう思う?」

「私のどこが好き?」

 

そんなことはじめて訊かれた!


今まで考えたことなかった!

そんな話題であれば、返す言葉がとっさに思いつかないのも無理ありません。

(だけど恋人の好きなところくらいはしっかり考えておきましょうね(^_^)笑)

 

でも経験の少なさが原因でうまく話せないのなら、経験を増やせばいいのです。

一度でも経験しておけば、他の人と同じような話題になった時には前よりスムーズに話せるようになります。

パズルのピースをはめるように、「一度でも話したことのある話題」を一つずつ増やして空白をうめていきましょう。

 

未経験の話題を振られて困った時には「また同じ話題になることがあったら次はこれ話そう」などと考えるクセをつけるのがオススメです。

続けていけば徐々にアドリブ力が身につき、困る回数は減っていくはずです。

 

アドリブ力を上げる方法② 定番話題のネタは用意しておく

定番話題は先に準備

会社や学校などの新しいコミュニティに入ったとき、

初めて合うお客さんのところに行ったとき、

婚活パーティーに参加したとき…、

初対面の人と会話する場合、だいたい出てくる話題って決まっていますよね?

 

⚫︎ 初対面でよく出てくる話題

  • 今の職業
  • 住んでいる場所
  • 出身地
  • 趣味、休日によくすること
  • 好きな食べ物

おそらく今もこういったプロフィールについて質問し合いながら会話している人がほとんどだと思います。

であれば、それぞれに関する鉄板ネタは事前に用意しておきましょう。

 

あなたにしか話せない体験を話すことで、「その他大勢」の群から抜け出して興味を持ってもらえます。

そんな自分ならではの話がとっさに出てこない人は、先に考えておけばいいのです。

 

準備を怠ると、婚活パーティーのような一度に何人もの人と会話する場では「え、そんな人いたっけ?」みたいな「全く記憶に残らない人」になってしまうかも…。

面倒に感じるかもしれませんが、プロフィールネタは一度考えてしまえば何度でも再利用できます。

ぜひあなただけのネタを考えてみましょう。

 

アドリブ力を上げる方法③ 緊張をほぐす術を持つ

腹式呼吸でリラックス

緊張状態になると脳に強いストレスがかかって、頭が真っ白になったり、思考が停止してしまうことがあります。

 

僕も昔は緊張しすぎて頭が真っ白になることはよくありました。

用意していた話が思い出せず、相手と別れてから「あ、あのネタ話そうと思ってたのに〜!」みたいなことはしょっちゅうでした。

緊張を和らげてリラックスした状態で会話に臨むことも、アドリブ力を上げる大事なポイントです。

 

会話の緊張を抑える方法
初対面や異性との会話でドキドキから解放!緊張しない方法4選「初対面の人と会話するとスグに緊張する…」「異性とデートの時はいつも心臓がバクバク…」そんな悩みに効く、緊張しない方法をコミュニケーション講師が伝授します!初対面や異性と会話する時に実践することで、緊張をグッと抑えることができます。...

緊張を和らげるコツについてはこちらの記事で解説しています。

 

また、緊張する原因として極度の人見知りや緊張しいな人に多いのが「自分に自信がなさすぎること」です。

 

素の自分を見せたら嫌われるんじゃないか…

コミュ障すぎる自分が好かれるわけがない…

外見が良くないから話しかけても迷惑がられるかも…

 

そんな想いが強すぎるとどうしても自然体で会話することはできなくなってしまいます。

自信が持てない根源を探し出して、できることから改善していきましょう!

人見知りの治し方
人見知りの治し方を解説!原因を取り除けば人見知りは緩和する人見知りを克服するにはどうすればいいのか?「人見知りが激しすぎて人と仲良くなれない」「初対面の人の前だと緊張しすぎて会話にならない」そんなあなたに向けて、人見知りの治し方をコミュニケーション講師がお伝えします!...

 

つまったときの対処法① 考えているそぶりをハッキリ示す

考えるそぶりをする

雑談には「3秒以内に答えなきゃいけない」なんてルールはありません!

だから
とっさに話すことが出てこないのなら、考えればいいだけの話です。

 

おしゃべりな外向型のように、ポンポンと言葉のラリーが続くのに憧れている人もいるかと思いますが、そこは生まれ持った気質が大いに関係してくるのでできなくても仕方ありません。

 

それに、じっくり考える姿勢は相手から見たら

「思慮深くて丁寧に返事をしてくれる人」

というプラスのイメージにつながることも多々あります。

 

逆に何でも即レスしちゃう人は

「よく考えないでものを言うテキトーな人」

というマイナスイメージを持たれることも少なくありません。

 

考える間は全然あっていいんです!

 

ただ、この時に大事なポイントがあります。

それは、「今、話すことを考えてますよ」と相手に知らせること。


 

言葉につまることはあってOKですが、そこでフリーズ(沈黙)してしまうと相手との関係に支障が出る恐れがあります

 

あなたが固まったままだと相手は

 

「あれ?急に黙り込んじゃったけど、考え中なのかな?

それとも気に障るようなこと言っちゃったのかな?

もしかしてこっちの声が聞こえてなかったのかも…」

 

などと困惑してしまうのです。

 

雑談において一番嫌われるのは「よくわからない人」です!

「何考えてるのかよくわからない人」と思われないよう、

  • 「う~ん、そうですね~」と考え中であることを言葉でアピールする
  • 首をひねって考えるそぶりをする

など、考え中のポーズはしっかり見せましょう。

 

もしどうしても話したくないことを訊かれたときは、「すみません、それはちょっと…」と申し訳なさそうに言えばほとんどの人はわかってくれます。

 

つまったときの対処法② 相手にしゃべってもらう

言葉に詰まったら相手を喋らせる

会話とは結局のところ無駄話です。

就職活動の面接じゃないのだから、律儀にすべての質問に答えようとする必要はありません。

「ありません」「わかりません」
たまにはそんな答えだっていいのです。


 

もちろん「わかりません」と言ったまま黙ってしまったら、そこで会話は終わってしまいます。

そんなときに便利なのが「質問お返し」です。

 

例えば、

好きな映画とかありますか?

う~ん、すいません映画ほとんど観なくって…。

○○さんはどんな映画が好きなんですか?

こんな具合に、自分がされた質問をそのまま返してみましょう。

これなら話すのが苦手な方でも、アドリブ力に自信のない方でも、簡単に会話を続けることができます!

 

もっと詳しく「質問お返し」について学びたい方は、こちらを参考にしてみてください。

「話題が見つからない」を解決する必殺技
話題が思いつかなくても会話が続く必殺技「質問お返し」「話題が思いつかない」「自分から会話を始められない」いつも受け身なコミュ障さんがまず覚えるべきスキルはただ一つ。自分で話題を考えなくても100%会話が続くとっておきの技「質問お返し」をコミュニケーション講師が紹介します!...

 

【コミュ障克服の第一歩に】