ネタの探し方

話題の引き出しの増やし方3選!ネタがない人は興味の幅を広げよう

話題の引き出しの増やし方

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

話せるネタが少ないのが悩みです。

話題の引き出しを増やすにはどうしたら良いでしょう?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

「話題の引き出しが少なくて話せるネタがほとんどない…」


おそらく、全国のコミュ障さんが抱えている悩みだと思います。

 

なぜ話題の引き出しが増えていかないのか?


原因はズバリ、「興味の範囲がせまいから」に他なりません!

 

そこで今日は、興味の幅を広げる方法=話題の引き出しを増やす方法を3つ紹介します!

 

話題を増やす方法① ネタ探しのアンテナを高くする

身の回りの出来事にアンテナを立てる

話題を探す方法も色々ありますが、王道の一つが「お互いの近況について話すこと」です。

友人・知人との会話ネタ
友達・知人と会話が続かない⁉︎話題がない時は過去ネタを再利用!「友達などの顔見知りとの会話で話題探しに苦労する…」そんなコミュ障さんは「過去に話した話題」からネタを探しましょう。過去ネタの再利用には「ゼロから探す必要がない」「好感度が上がる」などメリットいっぱい!コミュニケーション講師がわかりやすく解説します。...

 

ところが、講座に来た方に「最近あった、あなた自身のニュースを書き出してみましょう!」というワークを出しても、ほとんど書けない方が結構いらっしゃいます…。

 

でもそんな人だって、本当に話すことが何もないわけではありません。

仮に自宅と職場を往復するだけの毎日だったとしても、全く同じ日が訪れることはないからです。

ただネタ探しのアンテナが低いがために、日常に溢れている会話のネタに気がつかないまま素通りしているだけだと思います。

 

これは、会話が好きな人と苦手な人の大きな違いの一つです。

会話好きな人はいつでもおしゃべりのネタを探しながら生活しているので、話したいことがどんどんストックされていきます。

対してコミュ障さんは人と会話すること自体が少ないこともあり、身のまわりの出来事に対してどんどん無関心になってしまいます。

近況を報告する相手がいないので、そもそも覚えておこうという意識が低いのです。

 

では、今からでもネタ探しのアンテナを高くするにはどうすれば良いのか?

もちろん最善の手段は「日々の出来事を周りの人に話す習慣を持つこと」ですが、まぁいきなりやろうと思っても難しいですよね(^_^;

その代わりの手段としてオススメなのが、「日記を書くこと」です。

 

  • ブログをはじめる
  • SNSのつぶやき機能を使って一日一回つぶやく

などの方法でもOKです。

 

日々の出来事を記録する習慣ができると、自然と「今日はなにを書こうかな~」と頭の片隅で考えながら生活するようになっていきます。

結果、ネタ探しのアンテナがグ~ンと高くなるのです!

日記はコミュニケーション力を磨く万能トレーニング
コミュ障さんは日記を書こう!コミュ力UPに役立つ3つの効果を解説日記を書くことは会話が苦手なコミュ障さんに最適なトレーニングです。日記を書くことによって、話せるネタが増える、ネタを披露できる場面が増える、自己理解が深まるなどの効果が得られます。コミュニケーション講師が詳しく解説します。...

 

話題を増やす方法② 気になったものに手をだす

気になったものにチャレンジ
  • 「映画も、音楽も、マンガも、スポーツも、食べ物も、何も興味がない!」という人
  • 「話題の映画は観るし、音楽も毎日聴くし、マンガも気になったのは読むし、スポーツ観戦も好きだし、いろんなお店食べ歩きするのも好き!」という人

この両者を比べた場合、話せるネタが多いのはどちらでしょう?

 

間違いなく後者ですよね?

色々なものに興味を持てる人のほうが話せる話題が多いことは、火を見るより明らかです。

 

ただ、一般的に内向型人間は「興味の幅がせまくて深い」が特徴なので、無理して興味の幅を広げようとする必要はありません。

僕自身、そこまで興味の幅は広い方じゃないです(^_^;)

だから「無理に」とは言いませんが、少しでも気になったものを見つけた時には面倒くさがらずに手を出していきましょう!


習い事をはじめるとか、サークルに入るとか、趣味を増やすとか、そんな大げさなことでなくて全然かまいません。

  • 気になった映画を観に行く
  • 気になったお店に行ってみる
  • 気になる人をお茶に誘ってみる

こんなことでOKです。

 

僕の場合、気になったものは大した金額でなければ実際に買ってみるようにしています。

例えば、

  • 面白そうな本を買ってみる
  • コンビニで新作のパンやおにぎりがあったら食べてみる
  • カフェやファーストフードで期間限定メニューを頼んでみる
  • トレンドの洋服をGUで試着して気に入ったら買ってみる

これくらいならあなたも今日からチャレンジできそうじゃないですか?

 

最近食べてみたもの・買ってみたもの・行ってみた場所・見てみたもの

こういうものって、話題としてはちょうどいいんですよね。


 

「そういえばこの前、ミスドのパティスリードーナツ食べたんだ~」なんて気軽に切り出しやすいし、「えー、何それ〜!?」と相手が食いついてくれる可能性も高いです!

いつも同じ店・同じメニューばかり選んでないで、たまには冒険してみませんか?

 

話題を増やす方法③ 好きな人のオススメを実行する

オススメを聞いて実行

こんな経験ってありませんか?

片想い中の異性と話していて、相手が好きなアーティストを知ったあなた。

気になってYouTubeでその楽曲を聴いてみると…

「あれ?今までそんな好きじゃなかったけど、よくよく聴いてみると結構イイかも!」


 

僕はこういう経験、ちょくちょくあります。

(単純なので(笑))

 

片想い中の異性の他にも、友達、尊敬している人、好きな著名人…

他人の影響で興味を持ったものはたくさんあります。

一番の趣味とも言える読書だって、そもそもはあるビジネス書作家さんが著書の中で「ボキャ貧を改善するには小説を読もう!」と薦めていたのがキッカケです。

今までに読んできた小説の中にも、本好き知人からのオススメで手にとった作品は何十冊とあります。

 

このように、好きな人や仲良くなりたい人の趣味・オススメを訊くことで、それに感化されて自分の興味の幅を増やすことができるのです。

「自分が好きな人が好きなもの」って、不思議なもので今まで見向きもしなかったものでも興味が持てたりします。

全然好きじゃなかったものの中からでも、好きになれる要素を探しだせたりします。


 

さらにこの方法の大きなメリットは、

「仲良くなりたい相手と共通の話題ができる」

ということ!

このメリットだけでも十分に興味を持つ理由になりますよね?

 

〇〇さんが好きって言ってた映画、Amazonプライムで観てみたよ!すっごい感動した!

こんな報告をすれば、確実に会話が盛り上がります。

相手だって、自分が薦めたものを実際に体験してもらえたら嬉しいに決まっています。

(訊くだけ訊いて終わりにしてしまう人、実はすごく多いですからね…)

きっと今よりも、友達関係・恋人関係になれる可能性が広がっていきますよ♪

 

相手のオススメを聞き出すことで

  • 話題の引き出しが増える
  • さらにその引き出しは好きな人と仲良くなるキッカケに使える

これはもう、やらなきゃ損ですね!

 

【コミュ障克服の第一歩に】