ネタの探し方

雑学博士は会話上手になれない!?会話のネタは私の中から探そう

雑学だけじゃ会話は上手くならない

講師みやたさとし
講師みやたさとし
こんにちは!
元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトでは、コミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

【今回のお悩み】

会話のネタ探しが苦手なのですが、雑学の本などを読んでネタをたくさん仕込んだほうがいいのでしょうか?
コミュ障さん
コミュ障さん

 

たしかに雑学も、上手く使えば会話を盛り上げるスパイスになってくれたりするものです。

 

でも、やっぱり雑学はあくまで「スパイス」。

メインディッシュにはなり得ません!

 

「会話のネタ探しが苦手だからといって、雑学に頼るのはちょっと待って!!」

今日はそんなお話です。

 

本屋に売ってる話のネタ本=雑学集

会話のネタ本の中身は雑学集

 

本屋のコミュニケーション本コーナーに行ってみると、

  • これで雑談のネタに困らない!
  • この一冊で会話の引き出しがどんどん増える!
  • そのまま使える話のネタを300個収録!

そんな魅力的なキャッチコピーの本が並んでいたりします。

 

ついつい手に取ってみたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕もコミュ障だったころ、Amazonでタイトルだけ見て「これは良さそうだ♪」と思いポチったことがあります。

 

こういう「話のネタ大全」的なタイトルの本を開いてみると、中身はまず間違いなく「雑学集」です。

  • 「パフェ」の語源は「パーフェクト」からきている
  • かくれんぼで鬼が勝手に帰ると監禁罪になる
  • くしゃみの時速は320kmである(新幹線レベルに速い!笑)

こんなちょっと面白い雑学がぎっしりと詰まっています。

ネタ本は雑学集

 

コミュ障さん
コミュ障さん
暇つぶしに読むぶんには面白いかもしれないけど、これで本当にネタ探しに困らなくなるの?

そう疑問に感じたのは、きっと当時の僕だけではないはず。

 

コミュ障さん
コミュ障さん
そうか、雑学博士になればいいんだな!

そう思ったあなたは、素直でいいけどちょっと待ってください!

 

雑学をたっぷり仕込めば、楽しく会話できるようになれるでしょうか?

答えは間違いなく「NO」です。

 

今からその理由を解説していきます。

雑学博士は会話上手じゃない

 

いきなり雑学を披露しても不自然すぎる

雑学ばかりの会話は避けられる

 

ハッキリ言いますが、雑学博士になったところで、それ“だけ”で会話上手にはなれません!

 

考えてみてください。

いきなり相手が

ねぇねぇ知ってる?
世界で一番長いパスタは3776メートルなんだよ。

なんて雑学を披露してきたら、どう思いますか?

 

「ふ~ん。・・・で?」って感じですよね(笑)

(ちなみに3776メートルのパスタは、2010年にコンビニのローソンが自社パスタをPRするために企画して作ったそうですよ!)

 

唐突に雑学を披露されても「だから何?」だし、それがあまりに頻繁にあると

「物知りなのはすごいけど、知識ばかりひけらかしてきてイヤミな人だなぁ」

と敬遠されてしまうかもしれません。

知識自慢は避けられる

 

披露するなら自然な流れで(ただし難しい!)

雑学の自然な使い方

 

もちろん、雑学を披露することが絶対にNGというわけではありません。

自然な流れで披露すれば、十分に会話を盛り上げるスパイスになります。

 

自然な流れというのは、「いま話している話題」や「今いる場所」といった「今この瞬間」に関する雑談を披露することです。

 

例えば先ほどの「世界で一番長いパスタは3776メートル」という雑学。

レストランでパスタを注文したタイミングであれば、相手も「そうなんだ!見てみたーい!」と食いついてくれる可能性は高いでしょう。

 

「じゃあやっぱり雑学は有効なの?」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください!

そんなにたくさん雑学を覚えられますか?

 

パスタを食べているときにパスタの雑学を披露するのは有効かもしれませんが、きっとそのレストランに来たのは偶然という場合がほとんどのはず。

もし中華専門店だったらこの雑学は使えません。

 

中華の雑学、和食の雑学、スイーツの雑学…、

どこのお店に行っても大丈夫なように、すべての雑学を仕込んでいきますか?

もともと雑学大好き人間ならともかく、普通はそんなことメンドくさくてやってられません。

 

講師みやたさとし
講師みやたさとし
僕も会話のネタ本(=雑学集)を読んでも結局ひとつも活用できませんでした。
一番活用したのは「ネタ本を読んでもひとつもネタが増えなかった」という笑い話です(^_^;)

 

人と会って

  • どこに行くのか
  • 何を食べるのか
  • どんな話題が上がるのか

そんなのは予測不可能な場合がほとんどですよね。

だから話題を雑学頼りにするのは、簡単なようでいて実はめちゃめちゃ大変なのです。

雑学は意外と使い勝手が悪い

 

第一、いくら流れが自然でも雑学ばっかり話していたら、やっぱりいずれは「ウンチクばかり披露してきてメンドくさい人だなぁ」と思われてしまいます。

雑学ネタを仕込むとしたら、せいぜいディズニーランドに行くときに隠れミッキーの場所を覚えておくくらいで十分だと思いますよ。

 

雑学はしょせんただの情報。あなた自身の話をしよう!

zつ額よりもオリジナルネタが最強

 

もう一つ、雑学頼りの会話には大きな問題があります。

「会話の中身が情報メインになってしまうこと」です。

 

仲を深める会話の基本は「人がらの共有」です!

  • あなたならではの話をする
  • 相手ならではの話を引き出す

これ以上のコツはありません!

 

どんなに口達者でも、どんなに物知りでも、雑学という情報ばかりであなた自身の話がなかったら、誰かと深い関係になるのは難しいでしょう。

だってあなたがどんな人間なのか、相手は知ることができないのですから!

わかったのは「雑学博士」ってことくらいですね(^^;

 

それよりも

パスタって上手に食べるの難しくないですか?
いつもソースばっかり残っちゃうんですよね〜。

といったあなたの思考や、

 

学生時代はよくサイゼ行ってたな〜。
ミラノ風ドリアばっかりでパスタ頼んだこと一回もないけど。

といったあなたのエピソードを話したほうが、よっぽど親しみを感じてもらえます。

 

覚えておいてください。

どんなにビックリな雑学も、あなた自身のオリジナルネタには勝てません!

自分ならではのネタを用意しよう

 

オリジナルネタの増やし方は、こちらの記事で解説しています。

話題の引き出しの増やし方
話題の引き出しの増やし方3選!ネタがないなら興味の幅を広げよう興味の幅が狭くて話題の引き出しが少ない!そんなコミュ障さんに「話すネタの増やし方」を現役コミュニケーション講師が伝授。「ネタ探しのアンテナを高くする」「気になったものにチャレンジ」「好きな人のオススメを実行」この3つの方法で興味の幅を広げましょう!...

 

まとめ

会話を雑学に頼ってはいけない理由
  1. いきなり雑学を披露しても不自然だし興味を持たれづらい
  2. 「今この瞬間」に関わる雑学なら披露しても自然だけど手間がかかりすぎる
  3. 会話の中身が情報メインになるので仲が深まりづらい

 

【お知らせ】