話し方

表面的な会話から抜け出して、深い関係を築く方法

表面的な会話から抜け出す方法

こんにちは!

元コミュ障の現役コミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

表面的な会話しかできなくて、顔見知り以上の関係になれません。



どうすれば深い話ができる関係になれるでしょう?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

「どれくらい深い話ができる間柄なのか」は相手との親密度をはかるバロメーターです。

出会った直後に表面的な会話しかできないのは仕方ありません。

ただ、いつまでたっても深い話に進むことができないと、誰かと友達や恋人になることが難しくなってしまいます。

 

表面的な会話から抜けだせない人には

「こんな話をしたら迷惑がられるんじゃないか…」

「価値観があわなくて拒絶されたらどうしよう…」

そんな心のブレーキがかかっているはず。

 

では、どうすれば心のブレーキをはずして深い話へと持っていくことができるのでしょう?

その方法を解説していきます。

 

表面的な話・表面的じゃない話とは?

会話の浅い・深いとは?

そもそもどういう話が表面的で、どういう話が表面的じゃないのか?

このあたりから整理して話を進めていきたいと思います。

 

表面的な会話とは、一言でいうと「あなた自身と関わりが薄い話」です。

 

「今日も暑いですね~」とか

「今日はどこから来ましたか?へ〜、近くていいですね」とか

「お昼ご飯どこで食べました?あ、あそこ美味しいですよね~」とか

いわゆる「世間話」ですね。

 

 

対する表面的じゃない話(=深い話)とは「信頼できる一部の人にしか打ち明けられない個人的な話」と言えます。

 

例えば、

「実は…職場に気になる人がいるの」みたいな恋バナとか、

「今の仕事を続けるのと転職するの、どっちがいいだろう」みたいな人生相談とか、

「うちの会社は人使いが荒くてホントやってられないよ!」みたいなグチとか、

「実はコンサルタントとして独立するのが夢でこっそり勉強しているんです」みたいな将来の夢とか、

「これって絶対おかしくない?」みたいな強い感情を伴った意見とか。

 

他には人生観誰にも言ったことない秘密、他の記事で書いた弱み失敗談もそうですね。

弱みを見せられる人は好かれる
弱点や失敗談は人に好かれる最強の力!「弱み見せ上手」になろう弱み(弱点や失敗談)を見せると、相手との距離が縮まります。とはいえ弱みを話すのって抵抗ある人も多いはず。弱みを見せる本当の目的と、バカにされない話すコツを学んで「好かれる弱み見せ上手」を目指しましょう!...

 

このように、「よく知らない相手に話すのはちょっと抵抗あるよね」的な内容がいわゆる深い話と言えます。

 

表面的な会話が持つ役割

表面的な会話も必要

見比べてみるとわかるように、当然、深い話をしたほうが仲が深まる可能性は断然高いです。

ただ「よく知らない相手に話すのはちょっと抵抗ある」と書いたように、深い話は誰にでもできるものではありません。

出会ったばかりの人、普段関わりがない人に深い話ができないのは自然なことだと思います。

 

つまり、深い話ができる間柄になるには、表面的な会話を積み重ねることが必須ということです。


他にも表面的な会話には

  • 出会った直後の緊張を和らげるアイスブレイクになる
  • 深く考えず気軽に話せるので仕事の合間などの気分転換になる
  • 気まずい沈黙をなくす

などのメリットがあります。

職場にいる苦手な人など「関係を切るわけにいかないけど深く付き合わなくてもいい人」とも世間話くらいフツーにできたほうが職場の居心地もよくなるでしょう。

 

第一、深い関係になったからといってずーっと深い話をするわけではありません。

(そんなの疲れちゃいますから(^_^;)

 

どんなに深い関係の相手だって、表面的な(というか軽い)会話はたくさんします。

なにか食べた、なにか買った、

電車に乗った、仕事をした、

雨が降った、雪が降った、

暑くなった、寒くなった…

そんな会話が90%以上を占めています。

 

人の生活ぶりって一人一人全く違うので、自分では当たり前だと思っていることを話してみるだけでも「そんなことしてるの!?」って相手が面白がって聴いてくれることも多々あるものです。

もちろん逆に、「私もそうなんです~!」って相手が共感してくれることも多々あります。

 

違いを見つけて面白がったり、同じところを見つけて共感しあったり、これもまた会話の楽しさです。

そうして徐々にお互いの人間性を知りあうことで親しみが湧いてくるものなんですね!

 

まずは軽い世間話とか、どうでもいい近況とか、軽い会話を気軽にできる関係を目指していきましょう。

深い話に手をだすのはそれからです。

 

徐々に深く掘り進めよう

深い話をする方法
  • 表面的な会話、軽い会話を積み重ねて、そこそこ信頼関係ができている

なおかつ

  • 「この人とはもっと親しくなりたい!あわよくば友達や恋人同士になりたい!」と思っている

であれば、ここはもう深い話の出番です!

ここでいつまでも足踏みしていたら「友達・恋人になりたい」という願望を叶えるのは難しくなってしまいます。

「私とはこれ以上深い関係になる気はないってことかな…」と相手は壁を感じてしまうからです。

 

では、どうすれば深い話が披露できるのか?

一つの例を使って解説していきます。

 

今のあなたにとって深い話とは、底が見えない大きな穴です。

 

いきなり深い話はできない

 

あなたはこの穴に入らなければいけません。

でも深くて底が見えないから

 

「こんな穴にいきなり飛び込んで大丈夫だろうか…」

(突然こんな話をしたら相手にどう思われるだろうか…)

 

「下にはでっかい剣山があって突き刺さるんじゃないか…」

(ドン引きされて嫌われるんじゃないか…)

 

と不安になって足がすくんでしまうのです。

 

どうすればこの穴を安全に下りられそうですか?

 

答えはこうです!

 

少しずつ深い話をする

 

そう、「階段を作って一段ずつ下りていくこと」!

 

つまり、

 

ほんの少しだけ深い話をしてみる。

それを相手が受け入れてくれたら、次の機会にもう少し深い話を披露してみる。

これを繰り返すことで、徐々に本音の付き合いができるようになっていきます。

 

ほんの少しだけ深い話とはどんな話か?

 

先ほど深い話とは「信頼できる一部の人にしか打ち明けられない個人的な話」と言いました。

ここから「信頼できる一部の人にしか打ち明けられない」の部分をごっそり取りのぞきましょう!

 

「個人的な話をしてみる」

まずはこれだけでOKです!

 

個人的な話をするには、「今の話題+私の話をしよう」という意識を持って会話にのぞみましょう。

 

例えば、

「だんだん暑くなってきましたね~」みたいな気候の話になったら「そうですね」で終わらせずに「そろそろストーブしまわないとな〜」と付け加えてみる感じです。

これくらいならコミュ障さんでも無理なく話せますよね?

 

同じように

「お昼どこで食べてきたの?」と聞かれたら「吉野家です」で終わらせずに「今月ピンチなので三日連続で『牛丼並』です」

「お仕事は何されてますか?」と聞かれたら「経理です」で終わらせずに「今の時期は死ぬほどヒマなんですよ」

 

どれだけ軽い内容でもいいので、個人的な話をすることに慣れていきましょう!

おそらく、「三日連続で吉野家です」みたいなことですら「普段ほとんど話してなかった…」と感じたコミュ障さんは結構多いんじゃないでしょうか?

 

それでいきなり「深い話をしよう!」と思っても、できないのは当たり前。

一段ずつ着実に深めていきましょう。

 

【コミュ障克服の第一歩に】