マインド

好かれる人は前向き!引っ込み思案でもできるプラス思考になる方法

プラス思考になる方法

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

マイナス思考なので小さなことでもウジウジ悩んでしまいます。

こんな僕でもプラス思考になれますか?

コミュ障さん
コミュ障さん

内向型人間の特徴の一つに「思慮深い」があります。

よく考えて行動することで大きなミスを未然に防げたり、新しいアイデアが浮かんでくることもあるので、上手く使えば大きな強みになります。

ただ、中にはリスクを考えすぎるせいでマイナス思考がどんどん加速してしまう人も…。

 

すると

  • リスクを恐れて行動できない
  • いつまでも失敗を後悔する

などの悪影響が出てしまいます。

 

また、人間関係においても

  • ネガティブな発言が増え、周りに避けられる
  • ちょっとしたことで「嫌われているかも」と思い、人と距離を置く
  • 本音を出すことが怖くなり、当たり障りない会話しかできない
  • 軽い冗談で言われたことにも深く傷つく

などの支障をきたす恐れがあります。

 

そこで今日は、内向的な僕でもできた「プラス思考の身につけ方」をお伝えします!

 

超マイナス思考だった僕でも変われた!

超ネガティブだった僕

僕はコミュ障だった10年ほど前まで、「超」がつくほどのネガティブ人間でした。

とくに過去に対する後悔がひどく、新卒で入社した会社を早々に逃げ出したころは

「ほかの大学に行けばよかった…」

「2年前に戻って就職活動をやり直したい…」

などと、過ぎたことを毎日のように後悔しながら生きていました。

 

だから言うことも後ろ向きだし、表情も暗くて笑わないしで、自分から見てもあまり関わりたくないような人間でした(-_-;)

 

そんなネガティブすぎる自分を変えるキッカケとなったのが、とある心理学講座に参加したことです。

そこで僕はABC理論」というものを教わりました。

 

ABC理論とは簡単に言うと、

「悩みの原因は出来事そのものではなく、自分自身の受け取り方にある」

という考え方です。

  • A=出来事(After activity event)
  • B=受け取り方(Belief)
  • C=受け取ったことで生じた感情(Consequence)

を示しています。

 

「悩みの原因は出来事そのものではなく、自分自身の受け取り方にある」とはどういうことか?

 

例えば「会社が倒産して失業する」という出来事が自分に起こったとします。

誰にとっても「失業=不幸なこと」だとしたら、失業した人は一人残らず自分の身に起こったことを嘆くはずです。

でも中には「これは夢に向かって踏み出すチャンス!」と、意気揚々と行動を起こす人だっているかもしれません。

 

事実はひとつでも、受け取りかたは無限にあります。

つまり、今よりプラス思考になりたかったら、物事に対する受け取り方を変えればいいのです。

 

僕も「コミュ障な自分を憎む生き方」から「コミュ障でよかったと思える生き方」に変わってから、まさに人生が変わりました。

今では、過去に戻りたいと後悔することもなくなり、精神面はかなり安定した自覚があります。

(たま~に仕事で大失敗したりすると「今日一日の記憶よ消えろ!」と念じたりしますけどね(笑))

 

「凹まない」が本当のプラス思考じゃない

本当のプラス思考とは

誤解のないように言っておきますが、「マイナス面にはフタをして無理してでも明るく振る舞え!」と言っているわけではありません。

そんなのは本当のプラス思考とは言いませんから。

 

嫌なことがあったら、たくさん凹んでいいんです。

泣いたっていいんです。

自分が感じた気持ちに嘘をつく必要はありません。

 

でも、自分の身に起こったことを全否定することからは卒業してほしいのです。

今までは100%マイナスだと思い込んでいたことの中から、「この出来事が起きたからこそ得られたもあったんだ!」と思えるものを1%でいいから見つけられる人になりましょう。

一番ツラい感情の波が去ったら、「めっちゃ凹んだけど、ここはよかったかも」と思えるものを一つでいいから見つけられる人になりましょう。

それが本当のプラス思考です。

 

プラス思考で起きた大逆転劇

プラス思考で起きた奇跡

ものごとへの見方が変われば、ときには人生の大逆転だって起こせるかもしれません。

例えば、こんな話があります。

 

ある年、青森県に台風が次々と上陸して、農園のリンゴが9割も落ちてしまいました。

せっかくつくったリンゴのほとんどがダメになってしまったので、当然、リンゴ農家の人々は「最悪だ…」と嘆き悲しみました。

ところが中には「大丈夫、大丈夫」と落ち着きはらっている人がいたのです。

 

その人は言いました。

「残った1割のリンゴを『〇〇〇〇リンゴ』という名前で〇〇〇向けに一個1000円で売りましょう!」と。

するとこれが飛ぶように売れて、ダメになってしまった分の売上げもカバーできたのです!

 

さて、問題です。

〇に入る言葉は何だと思いますか?

 

しっかり考えてから読み進めてくださいね!

 

正解は…

 

「落ちないリンゴ」として「受験生」向けに売る!

 

「なるほどーーー!!」

と、この話を初めて聞いた僕は心の中で叫びました(笑)

マイナス面ばかりを見ていたら、この奇跡は起きなかったことでしょう。

 

前向き思考に変わるトレーニング

プラス思考の身につけ方

もちろん、今までの思考パターンを変えることはそう簡単ではありません。

思考パターンとは、ようは「心のクセ」ですから。

クセを直すには、地道な積み重ねが必要です。

 

最後に、おすすめのトレーニング法を2つ紹介します。

 

前向き思考が身につく本を読む

自分の思考を自分の力だけで変えるのは簡単ではありません。

心のプロフェッショナルに頼るのが近道です。

プラス思考が身につきそうな本をたくさん読んで、思考パターンをアップデートしていきましょう!

 

僕のオススメはひすいこたろうさんの著書です。

ゲラゲラ笑いながら「柔軟なモノの見方」を学べますよ♪

(先ほど紹介したリンゴ農家のお話も、実はひすいさんの著書で読みました(^^))

 

凹むことがあったときに「よかった」を一つ探す

凹むことが起きたらちょっと立ち止まって「少しでもプラスになったことはなかったかな?」と考えてみましょう。

  • いつものお弁当が売り切れてた⇒ 新たなお気に入りが見つかるかも!
  • 寝坊して会社に遅刻した⇒ 久々にしっかり睡眠がとれた!
  • また会話が続かなかった⇒ みやた先生のコミュニケーション講座に行くキッカケができた!(笑)

みたいな感じですね。

 

何度も言いますが、心から納得できなくてもいいんです。

「久々に睡眠とれた!けど上司に怒られちゃった~(T_T)」でもいいんです。

比較したらマイナスの方が大きくなってもいいので、何か一つは自分にとってプラスになったことを見つける!

それが第一歩です。

 

ちなみに「よかった」を探すときには、頭の中だけで考えるのでなく、紙に書き出してみるのがオススメです。

紙に書くことによって物事を客観視できるので、冷静に「よかった」を探せるようになります。

また、少し距離を置いて見つめることで「そんなに深刻に悩むことじゃないじゃん♪」と気付けるチャンスも自ずと増えていくでしょう♪

【コミュ障克服の第一歩に】