話し方

「わかりにくい」が「わかりやすい」に変わる!話し方3つのコツ

わかりやすい話し方

こんにちは!

元コミュ障の現役コミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!  

 

【今回のお悩み】

よく「なにが言いたいのかわからない」と言われてしまいます。

自分の話をわかりやすく伝えるコツはありますか? 

コミュ障さん
コミュ障さん

 

口下手なりに頑張って話してみたけど

  • 相手が困った顔をしていて明らかに伝わってない…
  • 話しているうちに自分でも何が言いたいのかわからなくなってしまう…

そんな経験をすると自分の口下手さに嫌気がさして、話すことがさらに億劫になってしまいますよね。

 

今こそ、話をわかりやすく伝える力を身につけましょう!

口下手さんでも今スグ簡単に使える3つのコツをお伝えしていきます。

 

わかりにくい話の特徴

わかりにくい話の特徴 まずは、次のお話を読んでみてください。

先日寝坊しちゃって、起きたらもう家でなきゃいけない時間だったので、慌ててスーツに着替えて、ヒゲ剃って、家を飛び出して駅まで走ってたら、途中で今日は祝日だから会社休みじゃんってことに気がついたんですけど、せっかく家でちゃったからこのまま帰るのもな~と思って駅前のドトールでモーニングセット食べて、帰って二度寝しました。

モーニングセットは初めて食べたんですけど、安くてなかなか美味しかったのでリピートしたいと思いました。

ちょっとわざとらしいくらいにメチャメチャな文章ですが…(^^;;

ここまではヒドくないにしても、けっこう似たことをしている人は多かったりします。

 

この話がわかりにくい理由は、大きく3つあります。

  1. 一文が長い
  2. 伝えたいことがよくわからない
  3. 相手を無視して話している

これらがまさに、わかりにくい話の特徴です。

 

つまり、わかりやすい話し方を身につけたければ、逆のことをすればいいのです!

では、一つずつ順番に見ていきましょう。  

わかりやすい話し方① 一文を短く区切る

一文を短くするとわかりやすい 僕は仕事がら口下手で悩んでいる人の話を聴く機会が多いです。

その中で感じるのは、口下手を気にしている人ほど「とにかく長く話さねば!」という想いが強すぎて、ダラダラと話を長引かせてしまう傾向が強いということ。

ちょうど最初の例文のように。

 

がんばって話そうとしている熱意はよ~く伝わってくるのですが、残念ながら一文が長くなればなるほど、わかりにくい話になっていきます。

勇気を持って短めに区切ってみましょう。

 

【 改善後 】

先日、寝坊しちゃったんですよ。

起きたらもう家でなきゃいけない時間だったので、めっちゃ焦りました。

慌ててスーツに着替えて、ヒゲ剃って、家を飛び出して駅まで走ってたんです。 

そしたら途中で、「あ、今日は祝日だから会社休みじゃん!」ってことに気がついちゃったんです!

でもせっかく家でちゃったからこのまま帰るのもな~と思って、駅前のドトールでモーニングセットを食べました。

そして帰って二度寝しました。

ちなみにモーニングセットは初めて食べたんですけど、安くてなかなか美味しかったのでリピートしたいと思いました。

だいぶわかりやすくなりましたね!

まだちょっと冗長ですが、それは次のポイントで解消していきます。

 

わかりやすい話し方② 話題を一つにしぼる、複数あるなら分ける

一つに絞るとわかりやすい 例文には大きく2つのエピソードが入っていることに気がついたでしょうか?

  • 祝日なのにうっかり仕事に行きそうになった
  • ドトールのモーニングセットが気に入った

この2つです。

 

話題がいくつもあると、相手は「で、結局なにが言いたかったの?」と困惑します。

結果、「今の話のどこに反応すればいいのか」がわからなくなって「あぁ、そうだったんだ」くらいの返事しか出てこなくなってしまうのです。

話題・結論は一つにしぼりましょう。  

 

【 改善後 】

 先日、寝坊しちゃったんですよ。

起きたらもう家でなきゃいけない時間だったので、めっちゃ焦りました。

慌ててスーツに着替えて、ヒゲ剃って、家を飛び出して駅まで走ってたんです。

そしたら途中で気がついちゃったんです。

「あ、今日は祝日だから会社休みじゃん!」って。

だから帰って二度寝してやりましたよ。

このように、ドトールのくだりはバッサリ切ってしまった方がダンゼンわかりやすくなります。

もし、どうしてもモーニングセットの話もしたければ、この話が一区切りついたあとに披露しましょう。

「そういえばその日、せっかく家出てきたから『このまま帰るのも何だかな~』と思って、駅前のドトールに寄ったんですよ。それで~」 といった感じに。

 

さて、これでネタとしてはスッキリわかりやすくなりましたね。

でもまだ一番大事なことが抜けているんです。

 

何だかわかりますか?

それは…  

 

わかりやすい話し方③ 相手と対話しながら進める

会話はスピーチじゃない 例文では、話し手は話すことに必死なあまり、相手の存在を完全に無視してしゃべり続けています。

沈黙を恐れる方や、「とにかく話さなきゃ!」という気持ちが先走りがちな方は、例文のように伝えたいことをノンストップでしゃべり続けてしまいがち。

 

でも、忘れないでください。

会話はスピーチではありません。

話のネタは一方的なパフォーマンスとして披露するものではありません。

相手とのやり取りを楽しみながら進めるものです。

 

会話としての話し方を身につけたいのなら、相手が言葉をはさむ隙間をつくりながら話しましょう。

 

【 改善後 】

先日寝坊しちゃったんですよ。

えー、そうなんだ。

起きたらもう家でなきゃいけない時間だったので、めっちゃ焦りました。

それは焦るね。

はい。

で、慌ててスーツに着替えて駅まで走ってたんです。

うんうん。

そしたら途中で気がついちゃったんです…(間をあける)

…なにに気づいたの?

『今日は祝日だから会社休みじゃん!』って。

え~っ!

あ、この前の祝日?

そんな人、現実にいるんだね~(笑)

ここにます(笑)

もう帰ってから思いっきり二度寝してやりましたよ!

このように

  • 相手のあいづちを待ってから続きを話す
  • オチの前でちょっと間をあけて相手の興味をひきつける
  • ときに相手の疑問に答える

などの言葉のキャッチボールをしながら会話を進めていくことで、相手が置いてきぼりになるのを防ぐことができます。

 

結果的に「あなたの話は面白くてわかりやすい!」という好印象にもつながるのです。

【コミュ障克服の第一歩に】