恋愛・婚活

コミュ障が好きな人とLINEする時のNG行為&好感度を上げるコツ

コミュ障の恋愛 LINE講座

講師みやたさとし
講師みやたさとし
こんにちは!
元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

【今回のお悩み】

好きな人とLINEするときの注意点はありますか?
NG行為や、好感度を持たれるLINEのやり方が知りたいです。
コミュ障さん
コミュ障さん

 

今やプライベートの人間関係を築く上で、LINEは欠かせないツールです。

もちろん恋愛においても。

 

気になる異性と知り合ったら、

  1. LINEを交換
  2. LINEでやりとり
  3. デートに誘う

という流れが基本ですよね。

 

とはいえコミュ障さんの中には

コミュ障さん
コミュ障さん
リアルでうまく喋れなかったからLINEで取り返そうと張り切ったけど、ブロックされちゃった…

などの失敗で失恋してしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

  1. コミュ障がやりがちなLINEのNG行為
  2. コミュ障でも簡単に好感度がアップするLINEのコツ

について解説していきます。

恋愛中のコミュ障さんは、この記事でLINEの活用法をしっかり学びましょう!

コミュ障のための恋愛LINE活用術

 

コミュ障が恋愛でやりがちなLINEのNG行為

恋愛相手にこんなラインはNG

 

好きな人とLINEするうえでは、「何をするか」よりも「何をしないか」のほうが大切です。

正直、そんなに特別なことをする必要はありません。

むしろ「会話は苦手だからLINEで挽回しよう!」などと張り切りすぎると、だいたいオカシなことをやらかして引かれます(^_^;)

 

というわけで、まずは「恋愛初心者のコミュ障さんがやってしまいがちなLINEのNG行為」を順番に解説していきます。

 

LINEのNG行為① 現実とキャラを変えない

コミュ障さんの中には、リアルでは口数少なめでも、ネット上だと普段の3倍くらい冗舌になる人もいらっしゃるかと思います。

SNSやネットゲームでやりとりする分には、どんなキャラになろうがあなたの自由です。

 

でもLINEだけは別!

LINEの相手は基本、リアルのあなたを知っている人です。

つまり現実の人間関係と変わりません。

普段のあなたのキャラとかけ離れた言動はつつしむべきです。

LINEはリアルと地続き

 

だって、こんな人ってどうですか?

  • リアルでは無口なのに、LINEだと冗舌になってベラベラ喋りだす
  • リアルでは冗談を言わないのに、LINEだと何かとボケてくる
  • リアルでは素っ気ない感じなのに、LINEだと「優しいね」「そういうところ尊敬するよ」とベタ褒めしだす
  • リアルでは自信なさげなのに、LINEだと自信家でマウントをとりだす

 

ちょっと不気味ですよね(^_^;)

これでは「この人なんか怖い」と距離を置かれてしまいます。

 

恋愛ノウハウでは「ギャップを作ると魅力的」とよく言われますが、それは「性格は内向的だけど、実はアクティブな趣味も持っている」のような自然に両立できる要素だらこそです。

人格が豹変するような二面性は誰も求めていません!

 

リアルでうまく喋れない分、LINEで取り返したい気持ちもわかりますが「LINEは現実とつながっている」という当たり前の事実をお忘れなく。

リアルとLINEでキャラを変えない

 

LINEのNG行為② 自分から無意味な雑談LINEは送らない

好きな人とLINEするときには「返すのメンドくさいな…」と思われないことが重要です。

少しくらいLINEの頻度が少なくてもマイナスにはなりませんが、送りすぎて「うわ、また来た!」と思われたら大きなマイナスになるので気をつけましょう。

 

LINEの返信は、自分のプライベートな時間を削ってするものです。

だからあなたからのLINEよりも優先すべき用事があれば、簡単に既読スルーされたり、スタンプ一つで素っ気なく済ませられたりします。

緊急性のない雑談LINEならなおさらです。

どうでもいいLINEばかりは嫌われる

 

そして一度でも既読スルーされてしまえば、相手はあなたに気まずさを感じます。

 

「この前既読スルーしちゃったし、なんかもうこの人と会うの気まずいなぁ…」

と思われてしまったら?

 

切れても支障がない縁なら、スパッと切られて関係終了です。

 

好きな人とLINE交換したら何かと理由をつけて送りたくなってしまう気持ちはよ~くわかります。

でもただの雑談は相手から振ってこないかぎり、あなたからも無闇に送らないようにしましょう。

好きな人にLINEの送りすぎはNG

 

とくに「おはよう」「おやすみ」のような挨拶LINEは絶対NGです。

恋人でもない人からこんなLINEが頻繁に来たら高確率でうんざりされるし、「束縛が強そう」というマイナスイメージにつながる恐れもあります。

 

「映画とか見ますか?」「スポーツしますか?」など、プロフィールに関する質問もLINEでする話じゃないです。

会ったときに話せばいい話題は、会ったときに話しましょう。

 

そもそもコミュ障さんはただでさえ話題を探すの苦手ですよね。

だったら、せっかく見つけた話題はリアルで会ったときのために温存しておきましょうよ。

LINEで話しかけてこない人はそうそう嫌われたりしませんが、一緒にいるのに一向に話しかけてこない人は高確率で嫌われちゃいますからね(^_^;)

会った時に話せばいいことは会った時に話す

 

コミュ障さん
コミュ障さん
でもLINEで雑談してる人も大勢いますよね。
本当に送らなくて大丈夫ですか?

と思うかもしれませんが、雑談って「どんな内容か」よりも「誰が相手か」のほうが重要なんですよね。

 

LINEで雑談している人も、その相手は友達・恋人・家族など、親しい間柄の人がほとんどです。

大して親しくない人とLINEで日常的に雑談したいと思っている人はそうそういません!

 

相手があなたに好意を持ってくれているなら、どんな内容のLINEでも喜んで返してくれます。

逆にまだ「ただの顔見知り」「その他大勢の一人」と思われているなら、LINEを送っても基本食いつきは悪くなるし、最悪既読スルーされて終了です。

 

で、

  • 多少は好意を持たれている実感があるなら、LINEで長々と雑談してないでさっさとデートに誘うべき

だし、

  • まだ顔見知り程度の仲なら(2人きりじゃなくていいので)実際に会って親睦を深めるべき

です。

 

つまり、どちらにしてもLINEで積極的に雑談するメリットはほとんどないということです。

LINEで雑談するメリットはない

 

いま解説してきたことは「リアルでの出会いの場合」です。

マッチングアプリ等での出会い(=リアルで会ったことない人とのやりとり)であれば、メッセージを通してお互いを知っていくしかありませんから、雑談して仲を深めていきましょうね。

 

一つコツをお伝えしておくと、雑談を振るときは相手のプロフィールをよ~く読み込んで、気になった部分を掘り下げていきましょう!

例えば、相手がスポーツに関することを何も書いていないのに「スポーツとかしますか?」なんて訊いても、「いえ、しませんねー」と返ってきて盛り下がる(下手したらそのまま返事が返ってこなくなる)確率が高いのでオススメしません。

相手が食いつくとわかっている話題(=プロフィールに書いてあること)から話題を探すのがセオリーです。

 

アプリで知り合った人と仲良くなる流れとしては、

  1. 共通点を持つ人にアプローチ
  2. その共通点で会話する
  3. 12週間メッセージのやりとりをして、打ち解けてきたと思ったらデートに誘う(お茶するor共通の趣味が楽しめるスポットに行く)

がオススメですよ!

 

恋愛で送るべきLINEは「お礼」の一択

好きな人にはお礼LINEを送ろう

 

ここまで、送ってはいけないLINEについて解説してきました。

続いては送るべきLINEです。

 

まだ顔見知り程度の関係であれば、あなたからLINEを送るのは

  • ご飯や遊びに誘うとき
  • 行き先や待ち合わせ場所を相談して決めるとき

などの必要な連絡をするときだけで基本OKです。

 

ただ、絶対に雑談LINEを送ったほうがいいタイミングがあります。

それは「お礼のLINEです。

 

例えば、あなたから誘って二人でご飯を食べに行ったなら、必ずその日のうちにお礼を送りましょう!

送る内容としては、

今日は来てくれてありがとう!
とっても楽しかったです。
ぜひまた飲みましょう (遊びましょう)♪

これくらいは最低限。

 

できればプラスαで

○○さんの意外な一面が知れて楽しかったです!
まさかあんなに猫好きだったとは…( ̄▽ ̄)

このように、その日一番盛り上がったネタを掘り返すのがオススメです。

 

そうすれば、仮に気まずい沈黙が何度か起きていたとしても

「そうだね、あの話をしてたときは楽しかったな~」

と、あなたと一緒にいた時間をいい思い出として記憶してもらえる可能性が高くなります。

 

なぜなら人は、物事の良し悪しを判断するとき、一番最後に受けた印象がその判断に大きく影響するからです。

 

簡単な例を出してみると、

  1. Aさんは明るくていい人だけど、仕事のミスが多い
  2. Aさんは仕事のミスは多いけど、明るくていい人だ

 

この2つの文章を見比べると、後者のほうが良い印象を持つはずです。

内容は一緒なのに!

 

これは心理学で「親近効果」と呼ばれる心理作用です。

「別れ際」や「別れた直後のLINE」は雰囲気が盛り下がらないようとくに注意しましょう!

恋愛相手にはお礼LINE

 

会ってくれたことへのお礼以外にも、お礼のLINEを送れるチャンスはあります。

例えば一緒にいるときに「相手のオススメ映画」を教えてもらったとしたら、こんなLINEを後日送ってみましょう。

オススメしてもらった映画、さっきNetflixで見たよ。
すっごい面白くて引き込まれちゃった!!
教えてくれてありがとね(^^)

必ず相手は喜んでくれるはずです。

 

というのも、人に本や映画のオススメを教えても、実際に体験してくれる人ってすごく少ないんですよね。

だいたい10人に1人か2人です。

 

だからこそ、

  1. 教えてもらったオススメをちゃんと実行する
  2. 実行したあと、感想と感謝をきちんと伝える

これだけで「その他大勢」から一歩抜きん出ることができるのです。

しかも「お礼をする」という、意味のあるLINEを送る口実まで手に入っちゃいます(^^)

好きな人のお勧めを実行

 

会話に自信のないコミュ障さんが恋愛を成就させたいのなら、絶対にやらなきゃ損ですよ!

そのためにも、会っているときに相手のオススメはどんどん教えてもらいましょう♪

 

お礼LINEへの返信は好意のバロメーターになる

返信LINEは好感度を図るメーター

 

お礼LINEを送れば、相手は必ず返信をくれます。

そしてこの返信は、あなたへの好意を計る大事なバロメーターにもなるのです。

 

今までのLINEより

  • 文章量が明らかに増えた
  • 絵文字の量が増えたりしてテンション高めになった
  • 返信がすぐ来るようになった
  • 別の話題を振ってきて雑談を長引かせようとしてきた

こういった行動が見られれば、あなたへの好感度が上がった証です。

次のデートにも誘いやすくなりますよ♪

返信で好感度が計れる

 

まとめ

LINEする時の注意点
  1. 現実のキャラとかけ離れた態度を取らない
  2. 顔見知り程度の仲のときに雑談メールを頻繁に送らない
  3. 会ったときに話せばいい話題は、会ったときにする
LINEで仲を深める手順
  1. リアルで会ったときに相手のオススメを教えてもらう
  2. その日のうちに、会ってくれたことへのお礼LINEを送る+盛り上がったネタを掘り返す
  3. 相手が乗ってくればしばらく雑談LINEを続ける(乗ってこなければスパッと終わらせる)
  4. 数日後、オススメを実行してお礼LINEを送る
  5. 感想を話しあう
  6. 盛り上がったところで次の会う約束をとりつける

 

【コミュ障克服の第一歩に】