マインド

コミュ障すぎる自分に凹んだときに読む話

コミュ障が辛すぎる

こんにちは!

元コミュ障のコミュニケーション講師 みやたさとし です。

このサイトではコミュ障さんが抱える様々なお悩みをわかりやすく解決していきます!

 

【今回のお悩み】

コミュ障を克服しようと行動していますが、いつも自分のコミュ力の低さを目の当たりにして凹んでしまいます。

僕がコミュ障を治そうなんて無謀だったのでしょうか…?

コミュ障さん
コミュ障さん

 

「コミュ障を改善しよう!」と決意して、コミュニケーションの勉強を始めてみた。

本を読んだり、ネットでノウハウを調べたり、講座にだって足を運んだ。

 

でも…

今日も会話が弾まなかった…。

沈黙が続いて気まずくなってしまった…。

相手がつまらなそうな顔をしていた…。

次の誘いがなかった…。

 

そんなとき、自分のコミュ障加減に凹んでツラくなってしまうときもあると思います。

 

「なんでみんなフツーに会話できているのに、自分はこんなにもコミュ障なんだろう…。」

昔の僕も、そんなことを何度もウジウジ考えたことがありました。

 

今日は、そんなときに読んでほしいお話です。

 

落ち込むからこそ、成長はある!

凹むからこそ成長する

僕は、多少落ち込むことは全然あっていいと思っています。

 

だって考えてみてください。

上手く会話ができなかったときでも「僕コミュ障だしね~。しょうがない、しょうがない」とまるで気にしない人。

そんな人はコミュニケーションの勉強や練習を真剣にやるでしょうか?

 

…やりませんよね。

 

そう、完全にあきらめている人は落ち込んだりしません。

落ち込むということは、

「自分はもっと上手くできるはず!」

そういう気持ちが確かにあるということです。

 

「死ぬまでこんなことで凹み続けるのは嫌だ。だから、もっと会話力を伸ばしていこう!」

そうやって落ち込んだ感情を、行動のエネルギーにしていきましょう!

 

僕も今までそうやって行動してきました。

コミュ障を克服するまでの期間はもちろんのこと、話し方教室を運営している今も、問題はいろいろやってきます。

 

でも「この仕事で大きく成長できたときって、どんなときだろう?」と振り返ってみると、それはやっぱり「凹んだとき」なんですよね。

 

講義中の生徒さんの反応がよくなかった

次はもっとわかりやすい伝え方を考えよう!

途中で言葉につまってしどろもどろになってしまった

次はもっと時間をかけてリハーサルしよう!

申込がなかなか来ない

ブログでいい記事をたくさん書こう!

このように、よりよい教室へと進化するタイミングって、まず間違いなく落ち込むような出来事があった直後なんです。

だから僕は問題が起こると直後はかなり凹みますが、少し経つとワクワクしてしまうときがあります。

「これでもっといい教室に変われる!」

そう思えるからです。

 

落ち込んだ=自分はもっとできると信じている証です!

それを少しずつ現実にしていきましょう。

 

最初ほどツラいのは当たり前

最初は誰だってつらい

コミュニケーションに限った話ではありませんが、新しいスキルを身につけようと思ったら最初ほどツラいのは当たり前です。

最初ほど成果が出にくいのも当たり前です。

 

スポーツだろうが、楽器だろうが、英会話だろうが、今までできていなかったことを練習するのは、はじめほどツラいし結果も出にくいもの。

だから多くの人はすぐに投げてしまいます。

自分がコミュ障を改善するなんて夢物語なんだとあきらめてしまいます。

 

でもこれって、すっごくもったいないと僕は思います。

だって最初のつらさが永遠に続くなんて、100%ありあえませんから!

 

続けていけばスキルが上達するので、だんだんつらさは和らいでいきます。

会話が盛り上がる機会も増えてきて、人と会話することが楽しくなっていきます。

会話力を磨くことすら楽しめるようになっていきます。

あなたもそうなりたくないですか?

 

方法は一つ。

行動しつづけさえすればいいのです。

だからどうか、一番つらいときに投げ出さないでくださいね。

 

こちらの記事も挫折回避に役立ちます!

コミュ障を治したい!
あなたはなぜコミュ障を克服したいのか?挫折しない心を手に入れよう「コミュ障を克服したい!」そんな人に立ちふさがる壁が「行動が続かない」ことです。 挫折しないためには、「なぜ自分はコミュ障を克服したいのか」その動機をハッキリさせましょう。心の軸ができれば簡単には挫折しなくなります。...
行動の習慣化
行動を習慣化するコツ!脳の仕組みを知れば挫折とサヨナラ目標達成に行動の習慣化は必須です。「コミュ障を克服するぞ!」 そう意気込んだものの、すぐ挫折していつもの日常に逆戻り…。 そんな経験、誰しもあると思います。行動を習慣化して挫折を回避するコツ、それは「小さな行動から始めること」です!...

ぜひ合わせてお読みください♪

 

自分なりのストレス解消法を持とう

つらいときは趣味に没頭

そうはいっても、どうしようもなくシンドくなるときもあると思います。

 

コミュ障さん
コミュ障さん
こんなに努力しても人より全然話せない自分はダメ人間だ…

 

そんな自己否定の感情が止まらなくなってしまうときもあると思います。

ツラいときは、もちろん無理せず息抜きをしてくださいね。

「投げ出す」ではなく「休む」という選択肢を持ちましょう!

 

内向的なあなたにオススメなのは、「一人で没頭できる趣味を持つこと」です。

人見知り芸人としても有名なオードリー若林さんの著書『ナナメの夕暮れ』にこんな内容のことが書いてありました。

自己否定は完治を目指すのではなく、何かに没頭してシャットアウトするという対症療法が一番有効だ

まさにその通りだと思います。

 

自己否定から新しい学びを得ることも大切ですが、そういう前向きなことを考えるのは自己否定の一番大きな波が去ってからでいいと思います。

少し気持ちが落ち着いて冷静になれば、「こんなことが学べてよかったな」と前向きに捉らえられるし、「今度からはこうしよう」と考えて次に活かすこともできますからね。

 

自己否定の感情を抑えられないときは、何かに没頭してネガティブな思考をシャットアウトするのが一番です。

没頭できるものを持ちましょう!

没頭で時間を埋めつくしましょう!

 

 

オードリー若林さんの本は内向型人間の心に響く言葉が多く、僕も大好きです(^^)

機会があればぜひ読んでみてください♪

オススメはこの二冊です。

 

ちなみに没頭できる趣味を持っておくことは、「コミュニケーション疲れ」からの回復にも役立ちます!

なぜなら内向型人間は「自分一人の時間を充実させることでエネルギーを受電する」という性質があるからです。

内向型のコミュニケーション疲れを緩和
コミュニケーション疲れを抑えるコツ!内向型人間は自分時間を大切に内向型人間には「コミュニケーション疲れしやすい」という特性があります。 内向型にとって人と会話することはエネルギー消費です。人付き合いの疲れを溜めないコツを内向型コミュニケーション講師が解説します。...

 

【コミュ障克服の第一歩に】